ホーム | 日系社会ニュース | 9月、5泊でポルトガル=県連ふるさと巡り特別版

9月、5泊でポルトガル=県連ふるさと巡り特別版

ポルトの歴史地区(By Paula Santos, via Wikimedia Commons)

ポルトの歴史地区(By Paula Santos, via Wikimedia Commons)

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が主催する『移民のふるさと巡り特別版』の正式申し込みが5月2日から開始される。9月17日から5泊6日でポルトガルを巡る。

 旧宗主国だった関係で、ポルトガルはブラジルと歴史的なつながりが深く、言葉はもちろん、料理や文化の面でも共通点が多い。今回は「移民の故郷」というより、「ブラジルの故郷」を訪ねる旅になりそうだ。

 首都リスボンでは日本ポルトガル交流イベントに参加するほか、柔道協会や大使公館との行事も予定されており、現地日本人との顔合わせもある。

 またポルトではドウロ川のクルーズやワイナリー見学などのプログラムも。主要都市以外では、欧州最古の大学があるコインブラや水路が美しいアヴェイロも訪れる。

 料金はシングル3480米ドル、ダブルは2980米ドルから。定員80人になり次第、締め切る。正式な申し込みは2日からだが、「仮予約」は受け付けていて、25日時点で約20人が仮予約済み。

 申し込みはH.I.S.ブラジルツーリズモ(6面に広告掲載したリベルダーデ事務所が担当、電話=11・3171・2995、大森)まで。今回はグローバル旅行社ではないので要注意。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別企画でポルトガルへ=県連故郷巡りあと40席2017年6月7日 特別企画でポルトガルへ=県連故郷巡りあと40席  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が主催する「移民のふるさと巡り」の次回9月は特別企画としてヨーロッパへと行き先を延ばし、ブラジルと日本と関わりの深い国ポルトガルで交流旅行をする。  このふるさと巡りは1988年、日本移民80周年を記念して開始され、毎年 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 県連総会=昨年は健全運営で黒字に=故郷巡りはポルトガルへ2017年4月8日 県連総会=昨年は健全運営で黒字に=故郷巡りはポルトガルへ  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の定期総会が先月30日夕方、文協ビル5階の県連本部で行なわれた。経費が膨らむ日本祭りに、創立50周年事業もあった昨年度だったが、最終的に約22万レアルの黒字で終えた。  通常会計は収入約25万レアル、支出約27万レだった。創 […]
  • 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定2016年7月14日 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定  平成28年度(2016年)外務大臣表彰の受賞者が13日に発表された。在伯大使館管内から1人、在ベレン領事事務所管内から2団体、在聖総領事館管内から3人と計6の個人・団体が選出された。昨年は外交120周年を記念し、全伯で102人が表彰を受けていた。今年の受賞者と功績は以下の通り […]