ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》ルーラが尋問で三層住宅所有を否定=「妻が欲しがった」と釈明=「証拠を見せろ」と反撃する場面も=判決は検察、被告の再弁論後

《ブラジル》ルーラが尋問で三層住宅所有を否定=「妻が欲しがった」と釈明=「証拠を見せろ」と反撃する場面も=判決は検察、被告の再弁論後

5時間近くに及ぶ尋問の後、支持者の前に立つルーラ元大統領(Ricardo Stuckert)

5時間近くに及ぶ尋問の後、支持者の前に立つルーラ元大統領(Ricardo Stuckert)

 【既報関連】パラナ州クリチーバの連邦地裁で10日、セルジオ・モロ判事が、収賄と資金洗浄の容疑で起訴されたルーラ元大統領(労働者党・PT)に対する本人尋問を行ったが、同被告は5時間にわたる尋問中、常に、建設大手OAS社からの賄賂としてサンパウロ州グアルジャー市の高級三層住宅を受け取った事を否定したと、11日付現地各紙が報じた。

 検察は、グアルジャー市の三層住宅は、OAS社が石油公社ペトロブラス(PB)社との事業契約締結の見返りにルーラ氏に寄贈したもので、一般型から三層住宅へのランクアップ時の差額や改修費、ルーラ被告の私物保管料を含む総額370万レアル相当の経費は賄賂の一部だったとしている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ