ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 FCバルセロナ所属のブラジル代表ネイマールが4日、アシスタントコーチのファン・カルロス・ウンスエ氏と口論になり、「このままだとお前はロナウジーニョみたいになるぞ」と言われて激怒したと報道された。ウンスエ氏は同チームの来期の監督候補のひとりだが、スペイン紙によると、ネイマールは「彼が残るなら、俺は出て行く」と言ったとか。まだ若い彼がチームの監督人事にも影響を及ぼせると考えているならば、思い上がりだ。才能に疑いの余地はないが、それをより長く輝かせ、より高みに達するためにも、ここは頭を下げるべきだろう。
     ◎
 ミシェル・テメル大統領は11日、ブラジル国民に割り当てられる、身分証明書(RG)や納税者番号(CPF)、選挙時に必要な有権者番号などを一元管理する、国民識別システムについて定めた法案を裁可した。同システムは生体認証方式で2022年から運用開始となる。次々回の大統領選までには全国民の新システムへの登録を完了する事が必要だ。くれぐれもそれが間に合わず、選挙が大混乱とはならないように願いたい。
     ◎
 ドリア、サンパウロ市長が就任直後に制限速度を引き上げたマルジナル・ピニェイロスとマルジナル・チエテで12日未明、バイクで走行中の男性が撥ねられて死亡する事故が起きた。軍警によると、今年に入ってからの最初の3カ月間にマルジナルで起きたバイクの事故は288件で、昨年同期より67%増えた。サンパウロ市では今年、交通事故による死者が29人出ているが、11人はマルジナルでの事故で、内10人はバイク運転手か同乗者だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》そっくりさんが揃ってW杯応援=各試合3千レアルの報奨付2018年6月23日 《サンパウロ市》そっくりさんが揃ってW杯応援=各試合3千レアルの報奨付  ロシアでのW杯がたけなわだが、サンパウロ市中央部のバールでは、ネイマールらのそっくりさんが集まり、応援に来る人達を喜ばせている。  ブラジル対コスタリカの試合が行われた22日朝も、ネイマール、マルセロ、ガブリエル・ジェズス、フェリポン、ペレ、ライー、ロマリオ、ロナウジーニョ […]
  • U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ2017年10月31日 U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ  10月にインドで行われたサッカーU17W杯で、ブラジルは準決勝でイングランドに敗れたが、その後3位決定戦でマリに勝ち、3位となった。  優勝こそ果たせなかったが、「久々の黄金世代」と称されるタレントたちの確保のために、各チームが必死になっているという。  この大会には、南 […]
  • 東西南北2017年9月29日 東西南北  現在、下院では、テメル大統領に対する2度目の告発審理を認めるか否かに関する審議の準備中だ。そんな中、同大統領にとり、本拠であるサンパウロ州政界の先輩で、連邦議員の長老でもあるパウロ・マルフ下議が「私はテメル君が正直であることを101%信じている」と27日に言い切った。マルフ氏 […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]