ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示

■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示

めでたい結婚式の着物

めでたい結婚式の着物

 ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。
 さらに特別企画として、水野龍が運行した第1回移民船「笠戸丸」が、神戸港を出発してサントスに着くまでの期間(4月28日から6月18日まで)の日曜日だけ、7~9階の入場が無料。今なら、特別展「水野龍」で笠戸丸航海日誌の実物が公開中。「ぜひこの機会をご活用ください」と同館では呼びかけている。
 日曜日にリベルダーデへ買い物に来たついでに、たまには子や孫と一緒に、史料館に寄ってみては。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 恩人の汚名雪ぎ、百年後に顕彰2016年9月30日 恩人の汚名雪ぎ、百年後に顕彰  「恩人の汚名を雪ぎたい」――サンパウロ州スザノ市のバルエル教会100年祭の開会式で24日、ビアンキ家に感謝状を渡した福博村会(上野ジョルジ会長)の大浦文雄顧問(92、香川県)の心の裡には、冒頭のような強い想いがあった▼というのも、東大の泉靖一助教授(当時)らによる研究書『 […]
  • コロニア前史に足跡残した日本人達2005年1月1日 コロニア前史に足跡残した日本人達  日本移民百周年を三年後に控えた日系社会の現状をかんがみるに、第一回移民以前のコロニア前史と比較して、発展した分野から、百年を経過したにもかかわらず何ら進歩が見られない分野までがあることに気づかされる。移民先としてブラジルが適地かの議論は、〃笠戸丸前夜〃から真っ二つに分かれた。 […]
  • 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」2016年6月21日 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着してから108年――朝から日伯司牧協会によるサンゴンサーロ教会での慰霊ミサ、県連主催の先没者慰霊碑前の法要に続き、午後からブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(コレイア教伯会長)による「開拓者先亡者追悼法要」が同 […]
  • 鐘ヶ江久之助(タウバテ文協50年史『盆栽』8頁)2014年3月29日 県連ふるさと巡り=開拓古戦場に思い馳せる=パライバ平野と聖北海岸=(3)=「コロニアに役立つ事せよ」=中央線触媒に珈琲耕地西進 ニッケイ新聞 2014年3月29日 出光興産サイトから「お客様センター」に、出光佐三の養子に「政美」がいたかどうか問い合わせると、翌日にメールで返答があった。《出光佐三の個人的な情報であるため、弊社よりお伝えすることは致しかねます》とのこと。残念ながら証明は難しいようだ。 […]
  • 移民と共に歩む在聖総領事館=一世紀前の設立経緯追う=初代総領事と平野植民地の絆2015年8月4日 移民と共に歩む在聖総領事館=一世紀前の設立経緯追う=初代総領事と平野植民地の絆  ブラジルの日本国在外公館は、その歴史の最初から移民と共にあった。人文研年表には《1914年8月2日アウグスタ街297番でサンパウロ総領事館が事務を開始する》とあるが、史料を見ると、実はサンパウロにありながら「リオ総領事館」だった。一世紀前の設立経緯、そして最初の邦人自 […]