ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示

■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示

めでたい結婚式の着物

めでたい結婚式の着物

 ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。
 さらに特別企画として、水野龍が運行した第1回移民船「笠戸丸」が、神戸港を出発してサントスに着くまでの期間(4月28日から6月18日まで)の日曜日だけ、7~9階の入場が無料。今なら、特別展「水野龍」で笠戸丸航海日誌の実物が公開中。「ぜひこの機会をご活用ください」と同館では呼びかけている。
 日曜日にリベルダーデへ買い物に来たついでに、たまには子や孫と一緒に、史料館に寄ってみては。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年4月29日 大耳小耳      ◎  サンパウロ市の文協ビル7階から9階にある「ブラジル日本移民史料館「(Rua São Joaquim, 381 - […]
  • 恩人の汚名雪ぎ、百年後に顕彰2016年9月30日 恩人の汚名雪ぎ、百年後に顕彰  「恩人の汚名を雪ぎたい」――サンパウロ州スザノ市のバルエル教会100年祭の開会式で24日、ビアンキ家に感謝状を渡した福博村会(上野ジョルジ会長)の大浦文雄顧問(92、香川県)の心の裡には、冒頭のような強い想いがあった▼というのも、東大の泉靖一助教授(当時)らによる研究書『 […]
  • 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」2016年6月21日 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着してから108年――朝から日伯司牧協会によるサンゴンサーロ教会での慰霊ミサ、県連主催の先没者慰霊碑前の法要に続き、午後からブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(コレイア教伯会長)による「開拓者先亡者追悼法要」が同 […]
  • 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(4)2016年6月4日 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(4)  この移民収容所は一八八七年に創設されたもので、一世紀にわたって六〇カ国余から移住者を受け入れてきた。もともと、移住者は奴隷の代わりに労働者として受け入れられていた。ところが、奴隷解放を謳った「アウレア法」が施行されると、奴隷は使用人になり、農場主は給金を支払わなければいけなく […]
  • 本門佛立宗=〃佛立聖地〃に宝塔完成=日水上人の悲願が結実=終戦70年、平和の鐘響かせ2015年8月15日 本門佛立宗=〃佛立聖地〃に宝塔完成=日水上人の悲願が結実=終戦70年、平和の鐘響かせ  ブラジルにおける本門佛立宗の初祖・茨木日水上人の悲願が結実しようとしている。2011年、本門佛立宗(コレイア教伯教区長)は、全国信者の浄財でサンパウロ州タピライ市にある自然保護区に76アルケールの土地を購入し、寺や福祉・教育施設を併設する〃佛立聖地〃を建設すると発表した。 […]