ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | シャペコエンセ=全国選手権3節を終えて首位に立つ=2勝1分勝ち点7、得失点差でコリンチャンスとクルゼイロを押さえ

シャペコエンセ=全国選手権3節を終えて首位に立つ=2勝1分勝ち点7、得失点差でコリンチャンスとクルゼイロを押さえ

ブラジル全国選手権1部の第3節で、唯一の月曜開催となったシャペコエンセxアヴァイーFC戦(Sirli Freitas)

ブラジル全国選手権1部の第3節で、唯一の月曜開催となったシャペコエンセxアヴァイーFC戦(Sirli Freitas)

 サッカーブラジル全国選手権1部リーグ、第3節が27~29日にかけて行われ、昨年11月の飛行機事故で主力選手ほぼ全員と、監督を失ったシャペコエンセが首位にたった。
 シャペコエンセは、事故の後、世界中から同情の声を集め、マスコミは「あの有名選手が無償でプレーを申し出る?」などと喧伝したものの、事故前の方針と同じく、健全経営に徹し、レンタル移籍なども使って、予算の範囲内で獲得できる選手を集め、今年の戦いを始めた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ