ホーム | コラム | 樹海 | クラコランジアで垣間見る人生劇

クラコランジアで垣間見る人生劇

 サンパウロ市クラコランジアで5月21日、麻薬密売者や常用者一掃作戦中に新聞記者に近寄り、「社会福祉士か」と尋ねた常用者がいた。麻薬浸けの生活から抜け出すために入院したいと、彼が身分証明書を見せながら語る様子を収めたビデオをその記者がフェイスブックに載せると、同記者のもとにはフェイスブックにはサンパウロ州内陸部の小さな町の人のメッセージが山のように届いた。その一人は常用者の母で、5カ月間探していた息子が見つかったと感謝した▼35歳の誕生日に南部のサンタカタリーナ州へ行くと言って家を出たきり音信不通となっていた息子の所在を確認した母親は、23日午前0時半にメッセージを送り、直ちにサンパウロ市へ。友人と共に朝6時にルス区に着いて、ビデオを見せながら息子を探す母親を見た常用者が、プリンセーザ・イザベル広場に母親を連れて行ったが、息子はいない▼

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ