ホーム | コラム | 樹海 | 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦

《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦

ラヴァ・ジャット作戦を指揮するデルタン・ダラニョル連邦検察官(Foto: Luis Macedo/Camara dos Deputados)

ラヴァ・ジャット作戦を指揮するデルタン・ダラニョル連邦検察官(Foto: Luis Macedo/Camara dos Deputados)

 昨年来、ラヴァ・ジャット作戦の対象に首都の政治家が入るようになり、「激震の発信地」がクリチーバとブラジリアの両方になった。最近特にジャノー連邦検察庁長官が「台風の目」としての存在感を強めてきた。その暴風に抵抗するためにテメルを中心とした「アコルドン」(大同盟)が裏で形成されている▼「テメル、ルーラ、FHC、サルネイ、ジルマール・メンデスらがアコルドン(大同盟)を作っている。汚職政治家が大同団結してラヴァ・ジャット作戦を潰そうとしている。イタリアのマオ・リンポ作戦では、汚職政治家が団結して司法に圧力をかけ、捜査予算を減らして、捜査官や検察官の手足を削り、捜査の手が長く伸びないようにした。それと同じことがブラジルにも起きている」。そのような警告をフェイスブック上で、有名法律家ルイス・フラビオ・ゴメスらが発している▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ