ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジル代表=チッチ体制後初の黒星を喫す=アルゼンチン相手に0―1の惜敗

ブラジル代表=チッチ体制後初の黒星を喫す=アルゼンチン相手に0―1の惜敗

絶好のチャンスでシュートをポストに当ててしまった、ガブリエル・ジェズス(右 - Lucas Figueiredo/CBF)

絶好のチャンスでシュートをポストに当ててしまった、ガブリエル・ジェズス(右 – Lucas Figueiredo/CBF)

 サッカー国際親善試合、ブラジル対アルゼンチン戦が9日、オーストラリアのメルボルンで行われ、アルゼンチンが1―0で勝利した。9日付現地サイトが報じた。
 長い欧州サッカーシーズンが終了したばかりなので疲労を考慮して、ネイマールなどの主力の一部を召集外としたブラジル代表は、攻撃陣はガブリエル・ジェズス、フィリペ・コウチーニョ、ウィリアンらが先発、守備陣は左右サイドバックから、2人のセンターバック、キーパーに至るまでと、レギュラー総入れ替えの布陣でこの試合に臨んだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ