ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジル・セレソン=ジエゴ・ソウザが2得点で脚光=ベテランや中小クラブの星に

ブラジル・セレソン=ジエゴ・ソウザが2得点で脚光=ベテランや中小クラブの星に

13日の試合でのジエゴ・ソウザ(Lucas Figueiredo/CBF)

13日の試合でのジエゴ・ソウザ(Lucas Figueiredo/CBF)

 13日にメルボルンで行われたサッカーの親善試合、対オーストラリア戦で、ブラジル代表(セレソン)はW杯南米予選のレギュラーが2人しか先発出場しない中、4―0と圧勝したが、その主役のひとりは2得点を決めた意外な伏兵だった。
 その選手の名はジエゴ・ソウザ。今月17日に32歳になるベテランのセンター・フォワードは、国内リーグでも地味な存在の、北東部はペルナンブッコ州レシフェにあるクラブ、スポルチの選手だ。若い時はU20代表にも選ばれ、セレソンにもパルメイラス在籍時の2009年に召集された経験がある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ