ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 「レアル・プラン」の映画が惨敗=政府の歴史的政策も制作費の1割しか売れず

「レアル・プラン」の映画が惨敗=政府の歴史的政策も制作費の1割しか売れず

 「レアル・プラン」というのは、ブラジルの歴史においてひとつの大きな分岐点となった経済政策で、その偉業は今日でも語り草になっている。だが、その誕生までの内幕を描いた映画「プラノ・レアル」は逆にブラジルの映画史上に残る大失敗になりつつある。
 1994年2月、ブラジルに新通貨「レアル」が導入された。それにより、ブラジルでそれまで続いていた慢性的なハイパー・インフレは10%以下の水準に収まり、それが結果的に、2000年代のブラジルの経済成長にもつながった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ