ホーム | コラム | 樹海 | 《ブラジル》景気回復は2019年以降?

《ブラジル》景気回復は2019年以降?

エスタード紙2日付けB5面《政治危機は景気回復を2019年に先送りする》

エスタード紙2日付けB5面《政治危機は景気回復を2019年に先送りする》

 テメル大統領の心中は、ジェットコースター並みに激しく上下しているに違いない。先週月曜日にはジャノー連邦検察庁長官の起訴第1弾「収賄容疑」があり、地獄まで急降下した気分だっただろう。
 だがその週のうちに最高裁判事の判断で、テメル側近のロウレス元下議が自宅軟禁に切り替えられ、彼が司法取引せざるをえない圧力は弱まった。さらにPSDBのアエシオ上議の復職が認められ、最大の味方・連立与党に戻ったことで、今後の議会運営に強力な味方を得た。さらに金曜日のゼネストも歯抜け状態で終わった。いわば1対3で、テメルには良い週末だったかも。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ≪記者コラム≫抗体所持率20%で集団免疫説も=それならコロナ自粛生活、半分以上過ぎたかも2020年8月11日 ≪記者コラム≫抗体所持率20%で集団免疫説も=それならコロナ自粛生活、半分以上過ぎたかも  ブラジルは先週末にコロナ死者10万人という悲しい記録を作ってしまった。今週末のブラジルメディアは、この節目を報道するものが目立った。  中でもサンパウロ市は先週、コロナ死者1万人。ドイツ、チリ、アルゼンチンなどの国々よりも一市の方が上回るという不名誉で残酷な現実だ。 […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]