ホーム | コラム | 樹海 | 《ブラジル》景気回復は2019年以降?

《ブラジル》景気回復は2019年以降?

エスタード紙2日付けB5面《政治危機は景気回復を2019年に先送りする》

エスタード紙2日付けB5面《政治危機は景気回復を2019年に先送りする》

 テメル大統領の心中は、ジェットコースター並みに激しく上下しているに違いない。先週月曜日にはジャノー連邦検察庁長官の起訴第1弾「収賄容疑」があり、地獄まで急降下した気分だっただろう。
 だがその週のうちに最高裁判事の判断で、テメル側近のロウレス元下議が自宅軟禁に切り替えられ、彼が司法取引せざるをえない圧力は弱まった。さらにPSDBのアエシオ上議の復職が認められ、最大の味方・連立与党に戻ったことで、今後の議会運営に強力な味方を得た。さらに金曜日のゼネストも歯抜け状態で終わった。いわば1対3で、テメルには良い週末だったかも。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • さくらホームの雪割桜に込められた郷愁2019年7月30日 さくらホームの雪割桜に込められた郷愁  「有名な観光地カンポスの名所の一つとして、桜祭りの時だけでなく、お客さんが年中訪れて入場料収入を落としてくれ、少しでも老人ホームの運営が楽になるようにしたい」―27日、聖州カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで桜祭りを取材した際、サンパウロ日伯援護協会(以下、援協 […]
  • ブラジル五輪名選手として殿堂入りした戦後移民2019年7月24日 ブラジル五輪名選手として殿堂入りした戦後移民  「東京五輪(1964年)の日本代表に入りたくて練習を積んできたのに、三次予選で岡野功に負けた。本当に悔しかった。それで一端は柔道を諦めて、ブラジルでファゼンデイロ(大農場主)になろうと思って、早稲田大学の卒業式の翌日、移民船に乗ってやってきた」―五輪名選手殿堂入りが決 […]
  • 大統領「息子を優遇して何が悪い?」には幻滅2019年7月23日 大統領「息子を優遇して何が悪い?」には幻滅  大統領には、本当にいい加減にしてほしい。まだ下院の社会保障改革案承認の2回目が控えており、いわば詰めの段階だ。本来なら今こそが政権の最重要課題の正念場、一番大事な時だ。それなのに大統領は、開いた口が塞がらないような発言を各方面に連発して、世間を呆れさせ、重要案件への集 […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]