ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》ヴァルジール・ペレス死去=82年サッカーW杯の守護神

《ブラジル》ヴァルジール・ペレス死去=82年サッカーW杯の守護神

 1982年のサッカーW杯に〃守護神〃として出場したことで有名な元ゴールキーパー、ヴァルジール・ペレスが23日、心不全のために亡くなった。66歳だった。24日付現地紙が報じている。
 1951年にサンパウロ州ガルサで生まれたヴァルジールは、1970年にポンテ・プレッタでサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた。1973年にサンパウロFCに移籍した後はスター選手として活躍し、1984年までに617試合に出場。75、80、81年のサンパウロ州選手権や77年の全国選手権では優勝にも貢献した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ