ホーム | イベント情報 | サンパウロ市の風物詩、カルモ桜祭り=雪割り桜が見ごろ、4日から

サンパウロ市の風物詩、カルモ桜祭り=雪割り桜が見ごろ、4日から

来社した一行

来社した一行

 ブラジル桜イペー連盟(矢野ペドロ会長)主催の『第39回桜祭り』が、4~6日の3日間、サンパウロ市イタケーラ区のカルモ公園(Av. Afonso Sampaio Souza, 951)で行われる。毎年グローボTV局の昼ニュースでも扱われるなど、すっかりサンパウロ市市民の風物詩となっている伝統の行事だ。式典は5日正午から。
 毎年15万人以上が訪れるという同祭。沖縄桜、ヒマラヤ桜、高知県から取り寄せた雪割桜800本が見ごろ。満開に合わせて開催される。
 特設舞台では3日の間に約70の演目が披露される。日本舞踊や太鼓等が行われるほか、カルモ文協婦人部らによるお手製のうどん、天ぷら、桜餅などの出店も並ぶ。
 案内に来社した矢野会長、清水幸郎実行委員長、美甘(みかん)好重理事、JICAシニアボランティアの菅谷行博さんは、「今ではサンパウロ市の風物詩になりました。ブラジル人もお弁当を買い、桜を愛で愉しんでいます」と広く一般に定着していると喜び、「雪割桜がちょうど満開になりそうです。家族や友人をたくさん連れて盛り上がりましょう」と来場を呼びかけた。
 当日は地下鉄イタケーラ駅から会場までバス(有料)が運行する。

 

□関連コラム□大耳小耳

 今年4月派遣されたJICAシニアボランティア専門家の菅谷行博さんは、各地から桜の植樹や管理方法についての問合せを多く受けている。特に桜祭りを実施する団体からは、開催時に未開花だと、来場客から残念がる声が上がることが多いという。そのため、開花促進剤の種類や使用法を伝授し、祭に合わせて開花するよう工夫しているのだとか。当日は、『講習コーナー』を設置し、植樹や管理方法の講義を行ない、桜の苗の販売会も行われる。これを機に育て方を学んでみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]
  • 《特別寄稿》コロナで揺れるボルソナロ政権=日系女医ヤマグチさんの毀誉褒貶=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2021年6月5日 《特別寄稿》コロナで揺れるボルソナロ政権=日系女医ヤマグチさんの毀誉褒貶=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  アメリカやヨーロッパの先進国ではどうやらコロナ禍の抑え込みに成功したようで、マスクの不採用や域外旅行の自由化策採用で、国民はホット一息のようです。  所で「我がブラジル」は国全体の認識の甘さもあったのか、新型コロナウイルス疫の感染者、死亡者数とも世界の上位を占め、国 […]
  • 《ブラジル》全国の200市以上で反大統領デモ開催=総数42万人、サンパウロ市だけで8万人参加=不満がコロナへの恐怖上回る=PE州では軍警の暴力行為も2021年6月1日 《ブラジル》全国の200市以上で反大統領デモ開催=総数42万人、サンパウロ市だけで8万人参加=不満がコロナへの恐怖上回る=PE州では軍警の暴力行為も  5月29日、ボルソナロ大統領に対する抗議デモが全国200以上の都市で行われた。コロナ禍で密を作ることが恐れられる中、いずれの都市でも多くの参加者たちが集い、ボルソナロ政権に対する強い不満を表明した。5月30日付現地紙が報じている。  今回のデモの最大の原因は、経済を […]