ホーム | コラム | オーリャ! | 単なるイベントではない110周年

単なるイベントではない110周年

 「世の為人の為に尽くすのが、明治の精神。世の中一人が変われば、社会も国も変わってゆく。移民の〃原点〃に立ち戻ろう」―。そんな菊地さんの言葉に、ノロエステ日系団体幹部も鼓舞されたようだった。
 同地で明治の精神を今も体現するファミリーの一つが安永家だろう。長老・忠邦さんを大黒柱に夫婦兄弟互いに仲睦まじく、子孫は全伯各地の日系社会を支える活躍ぶり。世の為に尽くすという教育勅語を実践している家風ゆえか、訪れる者は心が洗われた気がする。
 能を大成した世阿弥の金言に「初心忘るべからず」がある。即ち、どうやって試練を乗り越えたか、その経験を忘れるなという教えだ。艱難を乗り越えてきた移民史の〃原点〃にこそ、日系社会の将来を考えるヒントは隠されているはずだ。
 単なる祭事でなく、移民の精神、子孫に伝えるべき志を掘り起こすような事業を企画し、聖州一体となって移民の紐帯の強さを見せて欲しい。(航)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界の在外邦人が力を合わせたからJRが動いた2017年4月13日 世界の在外邦人が力を合わせたからJRが動いた  昨年11月に在外邦人へのJRパス販売停止が発表された際、取材したコロニアの人々は寂しそうな顔をするか、顔をしかめて怒り出した。『日本から拒絶された』との印象が強かったようだ。  その後、伯国をはじめ世界の在外邦人やその家族が反対運動を行い、在京ブラジル大使館や総領事館からも […]
  • 日本祭りがギネス入りへ2017年7月12日 日本祭りがギネス入りへ  県連は来年の日本祭りで何かしらのギネス登録申請を検討している。その下準備として、今回2日目にギネスワールドレコーズ社(米国)から審査担当者に会場を見てもらった。  同社のラルフ・ハナ氏は視察の上、「47もの自治体の親睦組織が集まってイベントを開催すること自体が珍しい」と言及 […]
  • オーリャ!2017年3月23日 オーリャ!  「次世代への継承を」―。来年の移民110周年の準備に励む人々からこういった発言を聞く。  先日来社した西森ルイス下議も同じく、「日系社会を継ぐ若者を育成したい。日伯のビジネスの機会を通じ若者に日系社会へ目を向けさせたい」と力強く語った。「日系の若者は日本とのビジネスに興味を […]
  • パラナ連合会も70から55団体に減少2017年2月3日 パラナ連合会も70から55団体に減少  移民百周年に向けて、州内の日系団体が一つに統合され、結成から十年を迎えたパラナ日伯文化連合会。「もう一度大きな祭典を!」との西森下議の呼びかけに、会場も熱気を帯びた。 […]
  • 移民110周年に、第2回のど自慢ブラジル大会を!2016年10月14日 移民110周年に、第2回のど自慢ブラジル大会を!  当地のカラオケ熱は世界一だろう。指導者も多いし、大会は毎週のようにある。そんな業界からマルシア、エドアルドが日本へ飛び出した。  亜国からは大城バネサがプロとして活動している。本人曰く、「年4回ほどしか大会がない」という同国から日本へ渡った珍しい例だ。  それに比べ当地の […]