ホーム | コラム | オーリャ! | 「コロナ神社」建立を

「コロナ神社」建立を

神社がムリなら祠でも(Chris Gladis (MShades) from Kyoto, Japan)

神社がムリなら祠でも(Chris Gladis (MShades) from Kyoto, Japan)

 「コロナ禍の中で日系社会として何ができるか」と考えたとき、一つのアイデアは「コロナ神社」建立だと思う。
 9月までにおそらく数万人の死者が出る。日系人にも家族を亡くした人、これから亡くなる人も多い。ブラジル史に残る大事件になる。
 日系人だけでなく、新型コロナ災禍で亡くなったブラジル国民全体を祀るような神社を、東洋街のどこかに建立し、毎年ひっそりと弔う。大阪橋のたもとの日本公園に小さな祠を建てるということでも良いのでは。
 パンデミックが終息するであろう9月頃、最初の慰霊祭を行うのはどうか。いっそのこと、今年の日本移民の日は、コロナ真っ最中かもしれない6月18日ではなく、9月に延期したらどうか。
 パンデミックが一段落した後、久しぶりに皆が顔を合わせる機会として、コロナ神社を建立して感染症災禍の人身供養と合わせて、9月に日本移民の先駆者法要を実施することはダメだろうか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」2020年5月23日 □コロナ禍緊急日誌□「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」     ◎  最近、日本の家族、友人から「生きているか。ブラジルは大丈夫か?」というメールを連日受け取っている。感染者が世界第3位、死者は連日1千人超というニュースが日本語でも飛び交っているおかげだ。幸いなことに、編集部からは入院者も死者も出ていない。一昨年末にサンパウロ新聞 […]
  • 【コロナ禍緊急日誌】「給付金10万円をブラジルで役立てて」との有り難い申し出2020年5月13日 【コロナ禍緊急日誌】「給付金10万円をブラジルで役立てて」との有り難い申し出  福岡市に住んでいるニッケイ新聞の協力者から「日本政府から10万円給付金をもらったのですが、私自身は困っていない。ニッケイ新聞は日系社会で重要な役割を担っているので、ぜひ役に立てて」と寄付の申し出があった。  実際、ニッケイ新聞の経営もコロナショックで大打撃を受けている。印刷 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月10日 □コロナ禍緊急日誌□  10日(金)がPaixão de […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月30日 □コロナ禍緊急日誌□  昨日、日本からアマゾンの小包が届いてビックリした。中身は本が一冊。国際郵便は止まっているので、なんだろうと思ったらDHLだった。ドイツの国際輸送物流会社で「世界最大の国際輸送物流会社」とも言われる。こんなときでもちゃんと期日通りに配達するとは、さすが「世界最大」だけある。 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年4月8日 □コロナ禍緊急日誌□  「新聞を読みたいのですが、コンピューターもスマホもやらないんです。なんとかなりませんか?」。そんな電話が編集部に毎日かかってくる。「本当に申し訳ありません」と電話口で、毎回頭を下げる。だが25日付から印刷版を停止して、PDF版とサイト(www.nikkeyshimbun.jp […]