ホーム | コラム | オーリャ! | 笑い顔のシワに刻まれた苦労

笑い顔のシワに刻まれた苦労

 沖縄県人会スザノ支部の松堂忠顕さん(82)から移住当初の話を聞いた。1957年、妻の初子さん(79)とボリビアのコロニア・オキナワに移住した。「土地が酷かったし、なにより水がなかった。轍にたまった水で顔を洗うほどだった」と話す。6年間農業に従事したが、サンパウロ市に転住を決意した。
 サンパウロ市では菓子の販売を開始。初子さんが朝4時から作り、忠顕さんが町で売った。「ブラジル人の客は計算が出来ないから、少しちょろまかしたりしてね。生きるためにはしたたかでなければいけなかった」と当時を振り返る。
 スザノに移ったのは70年。農業を始め生活も安定し始めた矢先、16歳の次女が雷に打たれて亡くなった。避雷針も無い時代で、その日だけでスザノ市一帯で7人が亡くなったという。
 忠顕さんは時折笑い話を交えながら話してくれたが、笑い顔のシワの一つ一つに苦労が刻まれていると感じた。(陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回2018年10月18日 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回  しかし僕は勉強にあまり身が入らず、学校を止めようかと思いながら2年生になっていました。2学期になって宮古島から仲村という社会科の先生が転任してこられた。  社会科の試験の成績が良かったということもあってか、先生から「今日先生は宿直だから、色々と話をしたいからお出で」 […]
  • ■訃報■田中慎二2018年9月11日 ■訃報■田中慎二  イラストレーター、画家、コロニア史研究家の田中慎二さんが7日午後4時、サンパウロ州立ガン医療センター(ICEUP)で多臓器不全のために亡くなった。享年83。今年初めにすい臓ガンが見つかり手術をしていたが、感染症を併発して急死した。初七日は16日(日)午前10時15分からパロキ […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」2018年8月10日 名護市親睦会が慶祝団歓迎=渡具知市長「関係末永く」  ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)の約30人は、沖縄移民110周年を記念して来伯した名護市慶祝団11人を迎えて歓迎会と高齢者表彰式を5日晩、サンパウロ市内のホテルで開催した。  渡具知武豊市長は「110周年の式典や記念行事を通して、日本語を話さない世代になっても血 […]