ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》天理大学が短期留学制度開始=パラナ連邦大と学術交流協定で

《ブラジル》天理大学が短期留学制度開始=パラナ連邦大と学術交流協定で

(左から)野中准教授と留学中の竹原さん

(左から)野中准教授と留学中の竹原さん

 パラナ連邦大学との学術交流協定による『短期語学実習制度』に参加するため、天理大学国際学部外国語学科スペイン語・ブラジルポルトガル語専攻の野中モニカ准教授が8日本紙を訪れ、手応えを語った。
 14年に協定が結ばれ、本年度より開始された同制度。3週間滞在のうちに合計60時間の語学・文化実習を受けるほか、ホームステイや観光名所を巡りなどで異文化理解を深める。
 野中准教授は「日本では習得した語学を実践する機会が限られている。長期留学はできないが、実際にブラジルを体験してみたいという学生のニーズに応えたもの」と背景を語り、「研修もコンパクトに纏められている。情報を発信し、参加したい学生が増えてくれれば」と期待する。
 また将来的には『インターンシップ制度』を当地で設けることも検討しており、今訪伯ではその調査も兼ねている。「実用的なポ語の習得や、就職前に企業文化を学ぶことができれば、就職後のミスマッチによる離職を防ぐこともできるのでは」と見ている。
 野中准教授は、「今は、将来に向けて種を蒔いている段階。数年、数十年後に大きな大木になれば」と語り、「ポ語を学ぶ生徒は10人に満たない。学生の数も増やしていきたい」と今後に意欲を見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月11日 大耳小耳  新しく福井県人会の会長になった金兼文典さん(76)は満州ハルピンの生まれ。両親が福井県出身。終戦とともに日本に引き上げ、1959年に渡伯したそう。ウジミナスの製鉄所に50年6ヵ月務めたほか、同製鉄所のあるミナス州イパチンガ市の日伯文化協会の会長を務めていた。「会員の皆さんの親 […]
  • ACAL=ブラックフライデー、今週末=1日に12mのツリー点灯式2019年11月30日 ACAL=ブラックフライデー、今週末=1日に12mのツリー点灯式  当地にもすっかり定着した「ブラックフライデー」(11月最終金曜日の特売日)。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は東洋街の「ブラックフライデー」を今月29日~12月1日まで行う。  昨年から始めたリベルダーデ区のブラックフライデーでは約150店が協力。 […]
  • 東西南北2018年3月7日 東西南北  W杯開幕まであと100日を切ったが、ブラジルからも、富裕層を中心に、ロシアに観戦旅行に行く人が存在する。ブラジルではロシアの通貨ロシア・ルーブルを売っている両替商は少なく、W杯需要を見越し、35%の手数料を取っているところもあるという。ドルやユーロを買う時の手数料3~6%と比 […]
  • ラ米に無人爆撃機=麻薬業者がタリバンの代役2009年9月3日 ラ米に無人爆撃機=麻薬業者がタリバンの代役 ニッケイ新聞 2009年9月3日付け  イラクやアフガニスタン、パキスタンに配備されている米空軍最新鋭の無人爆撃機を、ラテン・アメリカにも配備する意向を米政府が一日に表明と二日付けエスタード紙が報じた。アルカイダやタリバンの代わりに、麻薬密売業者を標的にするようだ。 […]
  • 東西南北2010年4月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年4月23日付け […]