ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市ドリア市政=法務局監督部長を突如解任?=汚職疑惑の捜査の最中に

サンパウロ市ドリア市政=法務局監督部長を突如解任?=汚職疑惑の捜査の最中に

 サンパウロ市が17日、法務局監督部のラウラ・メンデス・アマンド・デ・バロス部長の解任を発表した。これは同氏がシダーデ・リンパ法に関する不正行為の調査をはじめた直後の出来事だ。18日付現地紙が報じている。
 ラウラ氏は、同市が景観美化計画「シダーデ・リンパ」導入後、違法が疑われる街中での大型広告展開の裏で贈収賄工作が行なわれているとの疑惑についての捜査を進めようとしていた矢先に解任された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ