ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コーロル氏上院議員が再び被告に=92年には大統領罷免第1号=LJでの収賄の容疑で=着服額は2900万レとも

《ブラジル》コーロル氏上院議員が再び被告に=92年には大統領罷免第1号=LJでの収賄の容疑で=着服額は2900万レとも

被告となったコーロル氏(Antônio Cruz/EBC/FotosPúblicas)

被告となったコーロル氏(Antônio Cruz/EBC/FotosPúblicas)

 最高裁第2小法廷は22日、元大統領のフェルナンド・コーロル上院議員に対する連邦検察庁からの告発受け入れを決めた。同上議はこれで、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)での収賄容疑などで被告となり、1992年の大統領罷免に次ぐ、不名誉な事態となった。23日付現地紙が報じている。

 コーロル氏に対する容疑は、2010年から14年にかけて行われていたとされる収賄と資金洗浄、犯罪組織形成の三つで、公金横領と捜査妨害については裁判の対象から外された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ