ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2017年はルーラ氏が実刑判決、そしてコーロル氏が被告と、元大統領が共に汚職で過去の履歴を汚す事態が続いている。奇しくもこの2人は1989年、軍政終了で民政復帰がなった後の初めての大統領直接選挙で決選投票を争っている。民主国家としてのブラジルの未来を託したはずの2人が、こうして裁かれる姿を見て、複雑な心境を抱く国民も少なくないだろう。とりわけコーロル氏に至っては、大統領職を罷免され、長い沈黙の後に上院議員として復活してもこのありさま。コーロル氏自身が情けないというべきか、過去の不名誉を寛大に見て、3度の上議当選を認めてきたアラゴアス州民が甘すぎるというべきか。
     ◎
 23日付本面で、20、21日にサンパウロ市で4人の女性が現・元伴侶に殺された件を報じたが、18日は、16日にサンパウロ市西部ジャグアレーで起きた母子殺害事件で、離縁した夫のアンドレ・ルイス・サントス容疑者(25)が逮捕された。同容疑者は16日未明、ミザエリス・ダ・シウヴァさんと口論になり、ミザエリスさんを絞殺。同容疑者は生後7カ月の息子を浴室で水死させた後も部屋に戻り、ミザエリスさんの首を絞めなおしたという。
     ◎
 本日付で報じたパラー州での船の沈没事故は、この日、ブラジルのメディアが最も注目した出来事の一つだったが、船体の引き上げより行方不明者の捜索や救助が優先されていることや、捜索も難航していることなどで、沈没の原因究明などはなかなか進んでいない。本紙読者の方にも気にする人が多いと予想されるため、詳細は分かり次第届けたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 28日はブラジル全土で大規模ストへ=労働法や年金制度改革に反対し2017年4月27日 28日はブラジル全土で大規模ストへ=労働法や年金制度改革に反対し  テメル政権の進める、労働法と社会保障制度の改革に反対する勢力が、28日に全国規模のストを計画していると、26日付現地紙・サイトが報じた。  ストを呼びかけているのは、中央統一労組(CUT)、ブラジル中央労働者組合(CTB)、インテルシンジカル、中央人民労組(CSP)、一般労 […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]
  • ブラジル政治史にあたらなミステリー=テオリ判事の墜落死2017年1月21日 ブラジル政治史にあたらなミステリー=テオリ判事の墜落死  19日に連邦最高裁のテオリ・ザヴァスキ判事の搭乗した小型飛行機が墜落し、同判事ら5人が死亡した事件で、ブラジルは現在、大きな衝撃に包まれている。  それはテオリ判事が、労働者党(PT)前政権(2003~16年5月)と現在のテメル政権を揺るがしている一大汚職、「ラヴァ・ジャッ […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • アレーナ・コリンチャンス=2年前のクレーン事故で関係者6人が事故の責任を問われる2016年3月17日 アレーナ・コリンチャンス=2年前のクレーン事故で関係者6人が事故の責任を問われる  サンパウロ州検察局が、13年11月27日にサンパウロ市東部イタケーラでのアレーナ・コリンチャンス建設作業中に起きたクレーンの転倒事故で2人が死亡した事件で、6人を起訴した。 建設中のスタジアムの外側にあった巨大クレーンはスタジアムに向かって倒れこみ、スタジアムの1部を破壊した […]