ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■一緒にパゴッジをやりませんか?

■ひとマチ点描■一緒にパゴッジをやりませんか?

パゴッジに欠かせないパンデイロとカヴァキーニョ(Hlen at the English language Wikipedia, via Wikimedia Commons)

パゴッジに欠かせないパンデイロとカヴァキーニョ(Hlen at the English language Wikipedia, via Wikimedia Commons)

 「一緒にパゴッジをやりませんか?」―有田清さん(71、神奈川県)=サンパウロ市在住=が来社し、そう呼びかけた。
 有田さんはこの2年半ほど、セントロで開催されるパゴッジの路上演奏会にほぼ毎週参加している。「すごいレベルが高い。ブラジル音楽が好きにはたまらないと思う。でも、ほとんど日本人が来ないんだ。誰か興味がある人はぜひ参加してみたら」。
 毎週土曜日正午から午後3時頃までサンパウロ市セントロの「サンバ街」として有名なゼネラル・オゾリオ街で開催されている。
 目印は打楽器店レデンソン(Redencao, Rua General Osorio, 25,)。その周辺で路上演奏会が行なわれ、即興で次ぎ次ぎに有名曲が演奏され、それに合わせて回りの人が合唱する。
 ある程度の技能があって楽器を持参すれば、その場で演奏に加わることも可能だそう。有田さんは「楽器をやっている人にはきっと勉強になります。ぜひ一緒に叩きませんか」と誘った。詳細問い合わせは有田さん(電話=11・5572・1446)まで。(陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ