ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ファキン最高裁判事=「テメルの捜査はジャノーで」=「告発は憲法の範囲内」=フナロのデラソンは再提出に

《ブラジル》ファキン最高裁判事=「テメルの捜査はジャノーで」=「告発は憲法の範囲内」=フナロのデラソンは再提出に

ファキン判事(Marcelo Camargo/EBC/FotosPúblicas)

ファキン判事(Marcelo Camargo/EBC/FotosPúblicas)

 ブラジル連邦最高裁のエジソン・ファキン判事が8月29日に、テメル大統領側弁護団が出していた、ロドリゴ・ジャノー連邦検察庁長官を自身に対する捜査の担当から外すように求める請求を退ける決断を下したことが、8月30日に明らかになった。だがその一方、検察庁が8月29日に送付した、テメル氏にまつわる疑惑も含まれていると見られるルシオ・フナロ被告の報奨付供述(デラソン・プレミアーダ)は、微調整が必要だとして差し戻された。8月31日付現地紙が報じている。
 テメル大統領の弁護士であるアントニオ・クラウジオ・マリス・デ・オリヴェイラ氏は8月8日に、ジャノー長官は「追及への個人的な執念のあまり、憲法が定める権限の範囲を超えてしまった」とし、捜査担当者の交代を最高裁へ申し入れていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ