ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『ブラジル老荘の友』(塾連発行)8月号が刊行された。随筆「思わず噴出したくなる地名」(安田功)では、思わず、噴出した。ちょっと新聞には書くのをはばかられるようなチン名がずらり。比較的に品が良いところではオランダの「スケベニンゲン」、ニュージーランドには、往年の東映ヤクザ映画路線を思わせる地名「オトコ谷」があるとか。《ドイツの炭鉱町の炭鉱夫は、よほど食べ合わせが悪いのか》と前置きして「ゲリバラ炭鉱」を紹介。「シリフケ島」(トルコ)、「オナラスカ市」(米国)などとシモネタが続く。鳥取県には「巨根橋」があるが、「きょこんばし」ではなく「おおむねばし」と読ませるのだとか。詳細は同随筆をどうぞ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年12月7日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』11月号が刊行され、当地川柳界を代表する重鎮・柿嶋さだ子追悼号となっていた。7月30日に亡くなり、翌31日に荼毘に付され、スザノ墓地に埋葬された。享年90。晩年の句《母の背に貼って上げたい五つ星》も再録された。大城戸節子さんは追悼コラムの中で、自分が特選に […]
  • 大耳小耳2019年12月5日 大耳小耳  ここだけの話だが、編集部で販売している袋ラーメンの賞味期限が近づいており、特売価格になっている。さっそく記者も10個ばかり買いだめした。あと4箱ぐらいしかないので、アッという間に売り切れるかも。早いもの勝ちなので、売り切れの際はご容赦を。 […]
  • 大耳小耳2019年11月28日 大耳小耳  在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)とヘブライカ・クラブが共催する「ヘブライカの中の日本文化イベント」が、今月27日~12月1日まで、サンパウロ市の同クラブ(R. Hungria, 1000 - […]
  • 大耳小耳2019年11月27日 大耳小耳  今月17日に行われた「国士舘スポーツセンター」で建設中の「原沢パビリオン」の上棟式では、「ビュッフェ奄美」の料理が提供された。ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会の菊地義治実行委員長によれば、「あの料理はコチア青年や国士舘マレットゴルフ協会の皆が用意してくれた」のだとか。 […]