ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年5月25日付け

 「『ドラセーナ』とは植物の名前で、枯れないし、切っても成長することから、街の繁栄を願って付けられた」と、井田憲次ドラセーナ文協顧問。井田さんは「文協は若い世代にまかせている」と話すが、同地の多くの若者らはデカゼギに出たまま戻ってきていない。ヒサカズ・モトユキさん(75)は「子育てが目的で渡ったのに、子供の将来を駄目にしてしまっている」と、滞日者の子弟教育問題を指摘して嘆いた。原始林から〃ドラセーナ〃のように成長した街の将来を担う世代なのに。
     ◎
 翻訳・出版の準備が進む「姿三四郎」ポルトガル語版。安定的な柔道人気がある国だけに、高校生や大学生、知識人、親日家といった人たちが好んで読むだろうと予想される。ブラジルではすでに「宮本武蔵」の翻訳書が出版されてベストセラーになっており、すでに販売の土壌はできている。「三四郎」ブームは来るか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 県連故郷巡り ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第24回=「メストレいる限り日本信じる」2017年11月22日 県連故郷巡り ブラジル/ポルトガル/日本=不思議な〃三角関係〃=第24回=「メストレいる限り日本信じる」  「父はポルトガル語がペラペラではありませんでした。でも絶大な信用をされていました」というのは「ポルトガル柔道の父」の娘さち子さん。  「清さんの教え子は何人ぐらいですか?」と尋ねると、「何万人じゃないでしょうか。タクシーに乗ると、よく運転手と話をするんですね。60代 […]
  • リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬 2016年7月13日 リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬   最近の日本の報道を見ていると、リオ五輪を「リオでじゃねえよ」というような冗談で、ことさらに「開催危うし」また「リオは犯罪都市で危険」というニュースが多いように思われます。私のようにブラジルに帰化し、当地で生活する日系人としては非常に残念な思いに駆られます。 移住2年後、兄のコ […]
  • 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第14回=堀沢を殺しに行くと決意2016年4月26日 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第14回=堀沢を殺しに行くと決意  終戦後、数年が経ち、中村伯毅さんは子供心に「何かおかしい」と思い始め、父を問い詰めた。「僕は何回も『お父さんは騙されている。もう止めてくれ』と考え直すように、お願いしたが、父は聞いてくれなかった。僕がそんなことをいうと、父は母をイジメた。母はどちらの見方も、家を出ることもでき […]
  • ニッケイ俳壇(849)=富重久子 選2015年7月31日 ニッケイ俳壇(849)=富重久子 選    ボツポランガ        青木 駿浪 余情なほ夕べとなりし庭四温【冬季に三日寒い日が続き、その後暖かい日が四日あるのを三寒四温と言うが、最近のサンパウロでも今年はそのような冬の気候が続いている様に思う。 この句は四温の夕暮れ時、家の庭に立ちしんみりとした想いをこめ […]