ホーム | ブラジル国内ニュース | 「ベネズエラの暴力撲滅を」=法王がコロンビアで訴える

「ベネズエラの暴力撲滅を」=法王がコロンビアで訴える

 フランシスコ法王は10日、訪問先のコロンビアで信徒たちを前に、政治的暴力反対とベネズエラの政治危機解決を願う発言を行った。11日付ブラジル国内紙が報じている。
 6日からコロンビアを訪問中の法王は、滞在最終日の10日、同国海岸部のカルタヘナで信徒たちを前に講演を行った。
 この地はベネズエラとの国境に近く、同国からの難民が多く集まるところとして知られている。
 この日は法王の話を聞こうと、国の周辺部や外国からの観光客もつめかけるほどだった。こうした人たちを前にして、法王はコロンビア政府がベネズエラからの難民を積極的に受け入れていることを賞賛した。また、同国政府がコロンビア革命軍(FARC)との和平につとめている姿勢も評価した。
 法王はさらに、聴衆に対し「ベネズエラにいる息子や娘たちに向かって祈ろうではありませんか」と訴えかけ、「あの国で政治的に振るわれているあらゆる暴力を否定し、苦しんでいるすべての人々、とりわけ、貧しく恵まれない人たちのために同国が解決に向かうことを望もうではありませんか」と訴えかけた。
 法王は6日のコロンビアに向かう飛行機の中で既にベネズエラの状況を憂う発言を行っており、7日には首都ボゴタでベネズエラの司教5人と直接会い、同国の現状に関する報告も受けていた。
 この日、法王は顔に受けた傷でも世界的な話題を呼んだ。それはボゴタを去る直前、法王専用車で信徒たちの間を移動しながら別れの挨拶をした際、信徒の群れが押し寄せてきて車が急ブレーキをかけたため、車の中に立っていた法王がバランスを崩し、防弾ガラスとその枠に頭をぶつけたためで、目の上が少し切れて、頬にあざができた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》トランプ政権の外交右腕がボウソナロ次期大統領と面会=キューバなどへの対策期待2018年11月20日 《ブラジル》トランプ政権の外交右腕がボウソナロ次期大統領と面会=キューバなどへの対策期待  米国のトランプ政権の国防関係者が今月末に来伯し、ジャイール・ボウソナロ次期大統領と面会を行う予定だと、17日付現地紙が報じている。  それはジョン・ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官のことで、同氏は30日からアルゼンチンで開催されるG20サミット前の28日にブラジルを […]
  • ベネズエラ=「倒そうと思えばすぐ」=トランプ大統領が語る2018年9月27日 ベネズエラ=「倒そうと思えばすぐ」=トランプ大統領が語る  米国のトランプ大統領は25日、国連総会の席で、ベネズエラ政府に関して、「軍事的に政権を倒そうとすれば、すぐに倒せる」との発言を行った。26日付現地紙が報じている。  同大統領は、ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領の独裁政治に関し、「あの国はすごく弱体化しているから、軍事 […]
  • ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行2018年10月3日 ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行  汎米保健機構(Opas)がまとめた内部資料によると、ベネズエラでは、政治的、経済的な危機により、この4年間に医師2万2千人が国外に脱出、医療システムに大穴が開いていると2日付ブラジル国内紙が報じた。  同国の医療システムの対応能力は5年前から急速に落ちてきていた。17、18 […]
  • 《ブラジル》8月に予防接種キャンペーン実施=再発が危ぶまれるポリオと麻疹対象に2018年8月1日 《ブラジル》8月に予防接種キャンペーン実施=再発が危ぶまれるポリオと麻疹対象に  保健省が7月31日、8月6日~31日に、1歳から5歳までの幼児を対象にした予防接種の全国キャンペーンを実施すると発表した。  今回のキャンペーンの対象は、ポリオ(急性灰白髄炎)と麻疹(はしか)で、まだ1度も予防接種を受けた事がない子供やどちらかの接種を受けていない子供はもち […]
  • ベネズエラ=マドゥーロの贅沢食に批難殺到=国民総貧困の緊急事態の中2018年9月20日 ベネズエラ=マドゥーロの贅沢食に批難殺到=国民総貧困の緊急事態の中  ベネズエラでは国民の87%が貧困に陥っているという緊急事態の最中に、ニコラス・マドゥーロ大統領がトルコのイスタンブールで超高級ステーキを食べた動画が公開され、世界的に批難を集めた。19日付ブラジル国内紙が報じている。  動画中のマドゥーロ氏は、妻のシリア・フローレス氏と共に […]