ホーム | ブラジル国内ニュース | 18日よりサンパウロ国際映画祭=今年の目玉作は?

18日よりサンパウロ国際映画祭=今年の目玉作は?

 18日より、今年で42回目を迎える、毎年恒例のサンパウロ国際映画祭が開催される。
 「モストラ」の愛称で親しまれている同映画祭は、サンパウロの映画通にとって不可欠ともいえるイベントで、毎年のように「見放題パス」「チケット40本セット・クーポン」「20本セット・クーポン」が、開催するかしないかのタイミングで売り切れる。
 それは、この映画祭が紹介してきた映画のクオリティの高さに対する映画ファンの信頼の証でもある。同映画祭は古くから、「カンヌ、ベルリン、ヴェネツィア」の三大映画祭で評判をとった映画が一足早く見られることで有名で、翌年2月の米国アカデミー賞(オスカー)の有力候補の作品を見ることができるからだ。
 そんな中、今年は特に楽しみな作品が多い。まずは、ヴェネツィア映画祭で大賞の金獅子賞を受賞した「ローマ」。これは、2014年に「ゼロ・グラヴィティ」でオスカーの監督賞を受賞したメキシコのアルフォンソ・キュアロン監督の新作で、オスカーの作品賞の有力候補のひとつとも言われている。
 また、「ギリシャの生んだ鬼才」として、近年、その不思議な作風が話題を呼び続けているヨルゴス・ランティモス監督の「女王陛下のお気に入り」の評判も高い。
 さらに、80~90年代に「怒れる黒人」をテーマに衝撃の話題作を作り続け、時代の寵児となった黒人監督のスパイク・リーが出した久々の傑作「ブラッククランズマン」も注目作だ。この作品はカンヌ映画祭で第2位に当たるグランプリを受賞しており、黒人差別団体のクー・クラックス・クランの本部に、黒人警察官が白人のレイシストに変装して乗り込んだという、70年代の実話に基づく話だ。
 ブラジルに住む日本人、日系人としては、カンヌ映画祭で大賞にあたるパルムドールを受賞した、「万引き家族」がここでブラジル初公開となるのも注目(日本は既に公開済み)だ。「万引き家族」は来年のオスカーの外国語映画賞の日本代表作にも選ばれている。
 今回のモストラでは同賞にエントリーした20カ国以上の代表作も見ることできる。ブラジル代表の「オ・グランデ・シルコ・ミスチコ」や、国際的に有名なところでは、トルコ代表のヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の「ワイルド・ペア・トゥリー(英語題)」、ポーランドのパヴェウ・パヴリコウスキー監督の「コールド・ウォー(英語題)」なども見ることができる。
 開催は10月31日まで。詳しくはモストラの公式サイトhttp://42.mostra.org/br/home/まで。(ギア・フォーリャより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで2020年3月21日 ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで  新型コロナウイルスの流行で、大きなイベントが続々と、中止や延期となっているが、「南米最大規模」のゲイパレードも11月への延期を発表した。  サンパウロのパウリスタ大通りで毎年6月に開催されているゲイパレードは、南米では最大規模と言われ、毎年、入場者数の記録を更新していたが、 […]
  • サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖2020年3月21日 サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は20日、同州の非常事態宣言を行い、今日21日から正式に有効にするとした。20日付現地サイトが報じている。  ドリア知事は20日、バンデイランテス宮で記者会見を行い、今回の宣言は州民にパニックを起こさせるためのものではなく、州や州内645の […]
  • 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断2020年3月21日 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断  【既報関連】ブラジルでは、コロナウイルスによる災禍拡大で、人ごみや外出を避けるようにと推奨されているため、ブラジル地理統計院(IBGE)は、労働市場調査、全国家庭サンプル調査(Pnad)の訪問調査と、広範囲消費者物価指数(IPCA)算出のための価格の現場調査を一時停止した。2 […]
  • 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る2020年3月20日 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る  大統領三男のエドゥアルド・ボウソナロ下議がコロナウイルスに関して行ったツイートが中国大使館を怒らせ、外交問題を懸念させるものになっていると、19日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  エドァウルド氏は18日、コロナウイルスの感染拡大に関して、1986年のソ連(当時)での […]
  • 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で2020年3月20日 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で  新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、ブラジル国内でも外出を避け、自宅にとどまることが推奨されている中、サンパウロ病院とIBCC腫瘍学センターでは、輸血用の血液のストック量が減り、18日には「危険な状態」とされるレベルに達した。医療機関によると、外出を避けるように周知されている […]