ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(58)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(58)

 一行は12日午前9時すぎ、県庁を表敬訪問した。知事が上京中のため、比嘉副知事が応対した。比嘉副知事は「ご両親から沖縄のことは聞いていると思うが、ブラジルと沖縄の関係は深い。ブラジルでは日系人の10%を県系人が占め、ブラジル社会で活躍していると聞いており、県民は誇りに思っている。あなたがたも頑張って下さい」と激励した。

収穫あげた訪日研修

 沖縄産業開発青年協会 隊員子弟ら33人帰伯“おばあちゃんのふところはあたたかかった”沖縄産業開発青年協会子弟の訪日団一行が4日、元気で帰伯した。
 同訪日研修団は、在伯青年協会渡伯25周年を記念して企画されたもので、去る7月5日サンパウロを出発、ペルー、北米の沖縄県出身者と交流、本土沖縄で17日間にわたって研修、帰国したもの。

 青年協会子弟の里帰りとあって、沖縄県庁をはじめ関係市町村は、大歓迎で、子弟はいたるところで歓迎ぜめにあい、うれしい悲鳴をあげた。
 沖縄滞在中は、県内の中、高校を訪れて交歓、豊見城高校訪問のさいは同校のサッカー部と親睦試合をおこなった。
 2対0で試合は敗れたが、心の絆はしっかりと結ばれ親善の実をあげた。

 4、帰国挨拶のため来社した研修団子弟たちは異口同音に「日本やアメリカの教育水準の高さ、公徳心の高さには驚いた。自分たちも日本やアメリカの友達に負けないように頑張らなくては…」と語っていた。
 研修団長嘉数朝祥(沖縄産業開発協会副会長)は、子どもたちは大変勉強になったと思う。日本やアメリカの進歩の根底にあるのが教育だということを認識してくれたことが最大の収穫だった。と研修の成果を語った。
 なお、沖縄産業開発青年協会は、現在まで303人渡伯しており250人がブラジル各地で活躍しており、その子弟は1000人をこえるという。
 また、同協会では8日午後からブラジル沖縄文化センター(ジアデーマ市)で開発青年隊着伯25周年の記念式典を行う。

移民青年隊着伯25周年記念誌の編集

 渡伯15周年を皮切りに20周年祭更に25周年祭と3回に亘る記念式典と祝賀会を取りしきってきたがその記録が年と共に逸散してしまうおそれがある。
 同時に、1957年着伯以来青年隊受け入れ側の県人会に於いても、青年隊の動向は自ら記録してこそ真の参考資料になると考えたので、25周年記念事業の一環として記念誌の編纂を提案し賛同を得た。
 自ら考案し提案したので、最小限発行費をおさえる意味で浅学非才もかえりみず自らの手作り記念誌を計画した。
 どうみても納得のいかない幼稚なものになりながらも、今更専門家に頼めるものでもないし(資金不足)、自らの参考資料を綴る程度にとどめることを約束して格式抜きの記録簿みたいになったのがこの冊子だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(72)2017年10月7日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(72)  県をあげて盛大かつ有意義な国民体育大会に特別に招待を受けた海外移住者は、35日ブラジルから188名、アルゼンチン80名、ボリビア20名、ペルー45名、メキシコ5名、北米60名、ハワイ68名にカナダ2名と7カ国から468名が大会場に集い特徴のある招待券を戴き、特別に仕切られた席 […]
  • 3度目の正直?! BEGINに独占インタビュー=「帰郷」や「シュハスコ」など移民にまつわる曲を続々と発表2015年11月18日 3度目の正直?! BEGINに独占インタビュー=「帰郷」や「シュハスコ」など移民にまつわる曲を続々と発表  3度目のブラジル公演を成功させた沖縄県出身の人気バンド『BEGIN』。10日に聖市内ホテルで本紙単独取材に応じ、ブラジルに対する印象や、先日発表されたブラジルの超有名セルタネージョデュオ「シタンジーニ&ショロロ」との共演について話した。BEGIN…比嘉栄昇(ひがえいしょう、ボ […]
  • 力のこもった壁画の数々2014年10月17日 県連ふるさと巡り ペルー=115年経て受け継がれる日系魂=(4)=戦中の苦境に耐えた日本移民=〃うちなーんちゅ魂〃今も  1899年に開始され、今年115周年を迎えたペルー日本人移民。19世紀末当時、同国では海岸地方におけるさとうきびと棉花の大規模プランテーションが主要産業として国の発展を支えていた。 1854年の奴隷制度廃止、72年のマリア・ルス号事件(横浜港に停泊中のペルー船 […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (86) =   山城 勇2017年10月28日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (86) =   山城 勇   地域別にみると、在住者数の多さに比例してブラジル、ペルー、ハワイ・・・・の順となっている。  特に、ブラジルの788人、ペルーの471人については、両国の最近の政治、経済状況からすると当初予想をはるかに上回る参加者数となっている。    ヨーロッパの諸地域に […]