ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=市議会の兄弟議員に疑惑の支出=親戚の印刷会社で100万レ

サンパウロ市=市議会の兄弟議員に疑惑の支出=親戚の印刷会社で100万レ

 兄弟でサンパウロ市市議などを務めていることで有名なタット一族(全員が労働者党・PT)が、親戚の印刷会社で100万レアルを超える大量出費を行っていたことがわかり、問題視されている。19日付現地紙が報じている。
 サンパウロ市議会にはアルセリーノ、ジャイールの両氏、サンパウロ州議会にはエニオ氏、連邦下院にもニウト氏がいるが、この4人が「セッテ・グラフィカ・エ・エジトーラ」という印刷会社で謎の大量出費をしていたという。
 同会社は、4人の姉妹のひとりのヴェロニカ氏の夫のセルジオ・ルイス・ラブ氏の兄弟であるアンデルソン・ラブ氏が経営。セルジオ氏も1999年まで共同経営者だった。
 使用金額はエニオ氏が42万6千レアル、ジャイール氏が23万5600レアル、アルセリーノ氏が22万3500レアル、ニウト氏が11万7400レアルで、これらの経費は議員経費から払われていたという。セルジオ氏は昨年の市議選で、アルセリーノ、ジャイールの両氏に5万5千レアルずつ寄付している。
 フォーリャ紙は兄弟たちに同印刷会社で印刷したものの例を示すよう求めたが、返答は返ってこなかったという。
 なお、ハダジ前市長の市政で交通局長をつとめていたジウマール氏もこの兄弟のひとりだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 英国エコノミスト誌=「社会保障制度改革への猶予は1年」と新政権に注文2018年10月25日 英国エコノミスト誌=「社会保障制度改革への猶予は1年」と新政権に注文  英国誌「エコノミスト」は、「ブラジルで来年発足する新政権が社会保障制度改革を実行するまでの猶予は1年だ。もし1年以内に実行できなければ、ブラジル投資の気運は一気に下がるだろう」との報告書を作成したと、24日付ブラジル現地紙が報じた。  同誌は、28日の大統領選決選投票におい […]
  • 《ブラジル》改定選挙法で14政党消滅か=マリーナの党も避けられず2018年10月11日 《ブラジル》改定選挙法で14政党消滅か=マリーナの党も避けられず  今回の統一選挙の結果、35の政党中14党が、2019年1月から政党援助金と政見放送の時間の割り当てが打ち切られることになった。その中には、マリーナ・シウヴァ氏の政党「REDE」なども含まれている。10日付G1サイトなどが報じている。  これは、2017年に連邦議会で承認され […]
  • 《ブラジル》シジ・ゴメスがハダジ応援演説で逆上発言=「PTはボウソナロ氏に惨敗する」2018年10月17日 《ブラジル》シジ・ゴメスがハダジ応援演説で逆上発言=「PTはボウソナロ氏に惨敗する」  大統領選候補シロ・ゴメス氏の実弟で次期上議のシジ・ゴメス氏(民主労働党・PDT)が、15日に行われた大統領選のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)の応援演説で逆上し、「PTはジャイール・ボウソナロ氏に惨敗する」との発言を行った。15、16日付現地紙、サイトが報じている。 […]
  • 聖市バス・地下鉄=一回の乗車代は据え置きも=乗継などは大幅に値上げ2017年1月4日 聖市バス・地下鉄=一回の乗車代は据え置きも=乗継などは大幅に値上げ  12月30日、ジョアン・ドリア次期聖市市長(当時)とジェラウド・アウキミン聖州知事(共に民主社会党・PSDB)は、8日から、バスと地下鉄や都電(CPTM)を乗り継ぐ時の料金を変更すると発表した。12月31日付伯字紙が報じている。  バス料金の凍結はドリア市長の選挙キャンペー […]
  • サンパウロ市=平年を超える暑さに悩む市民=蚊対策に注力と新市政発表2017年1月12日 サンパウロ市=平年を超える暑さに悩む市民=蚊対策に注力と新市政発表  夏の盛りのブラジル、またも蚊の大量発生の季節がやってきた。  サンパウロ市西部のピニェイロス区では、蚊の大量発生は区役所への苦情の主要テーマの一つで、ピニェイロス川流域の蚊の駆除を求める署名が8300人分集まったと11日付現地紙が報じた。  ジョアン・ドリア、サンパウロ市 […]