ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(61)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(61)

 去年在伯沖縄青年協会着伯25周年を迎え、その記念事業の一つとして子弟の訪日研修団(32名)を派遣しました。

 それは私たちの祖先の国を子孫に伝え知らせ、そして日本、そして沖縄の優れた文化、教育、産業、経済等を紹介し、更に親族の方々と直に親交を深めさせ、将来彼等が日本(沖縄)とブラジルとのパイプ役ともなれば….との趣旨目的で企画されたようですが、彼等にとってより以上の成果を上げ、送り出した方も送られた方も共に大変満足し、「今後も2、3年毎に続けて欲しい」との声が多く、84年にもまた計画がなされているらしい。

 私の息子も去年の訪日研修団の一人でありましたが、あちこちと広い(アメリカ、ハワイ、日本)国々を見聞、日本(沖縄)のすぐれた文化、高度の発展振りを直下に見、そしてまた偉い方々のすばらしい教訓等を受け、えがたい幾多のものを修得し、直接間接多大な成果を得て帰省しております。

 私も息子をその機会に浴した事に大へん満足し、それを計画された青年協会の皆さんに感謝の気持で一杯です。

 研修旅行の息子の感想は「日本の高度の発展振りにおどろいた。そしてまた親戚が大変多いこともびっくりした。それに何処へいっても愛情に満ちた大歓迎を受けたことに何とも云えない感謝の気持で一杯だった。
 見る物、聞くものすべて自分の勉強になり本当に最高の研修旅行だった」、と誇らしげに語るのであります。
 そしてある有識者より、「貴方たちのお父さん方は偉い。ほんとに素晴らしい。『このような狭い日本(沖縄)より、あの広い南米大陸で子供たちをのびのびと育てたい』という考えでその目をブラジルへ向けて渡ったんだよ。
 だから貴方たちは大いにお父さん方へ感謝しなければいけない。そしてまた(日本や沖縄の良さをいろいろと話し)そのような立派な国の子孫である、ということを何時も念頭において今後ブラジル国家のため、しっかりと頑張ってもらいたい。』と云うことを話したが、どの程度理解出来たか?」、という手紙も共に寄せて下さいました。

 このようにして子弟たちは、彼等なりにそれを理解し感激したようで、息子もその後の行動が一変し、弟や妹たちに「パパやママには、はるかに日本の方が良かったんだよ。
 しかし私たちの為にブラジルへ来てこのような仕事をしているのだ。だから私たちはうんと頑張って必ずパパやママを楽にさせなければいけないよ」と云い聞かせていると云うのです。
 後で下の子供たちが口々に私に告げるので知ったことですが….。このようにしてわずか1ヶ月そこそこの短い研修旅行ではありましたが、彼等はその広い見聞で、親がくどくどと話さなくとも自ら親の有難さ、親への感謝、そして今後の進路の方向づけ等をも悟ってくれたのであります。
 それこそ、生きた教育のチャンスを与え、ほんとに計り知れない程の収穫だった、と頼もしく思うのであります。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=(84) =  山城 勇2017年10月26日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=(84) =  山城 勇  金城ウト(沖縄系2世第1号)に聞く1908年(明治41年)6月18日、第1回ブラジル移民、笠戸丸乗船者の沖縄県人の家族構成49家族の中に、宮平牛助(26歳)を家長として、妻カメ(26歳)甥の比嘉善太郎(13歳)、妻の従兄山城武太(27歳)、妻の従弟比嘉松助(18歳)、従弟玉城 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (86) =   山城 勇2017年10月28日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (86) =   山城 勇   地域別にみると、在住者数の多さに比例してブラジル、ペルー、ハワイ・・・・の順となっている。  特に、ブラジルの788人、ペルーの471人については、両国の最近の政治、経済状況からすると当初予想をはるかに上回る参加者数となっている。    ヨーロッパの諸地域に […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて =(79)=山城 勇2017年10月20日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて =(79)=山城 勇  翁長の意志を継いで現在は長男英雄『ジョルナル・ブラジレイロ』編集長、元植木大臣の補佐官をして10年間一緒に働いた)を筆頭に四男一女みんなジャーナリストとして新聞関係で活躍しています。    現在、孫14名、ひ孫が11名で翁長一族は今やブラジルの大地に完全に根をお […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇2017年10月25日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇  山戸は、急遽母国沖縄に妻子を連れて帰国しました。1927年の事でした。  その帰途四国の高知県に妻の実家を訪ね、3ヶ月滞在した後ブラジルに帰省した。  2度目の訪日は1968年で、米軍政の統治下にある郷土を再度訪問し、その変貌ぶりに驚愕したという。 篠原恵美子―― 父は […]