ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(62)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(62)

 彼等は、その後もその組織(訪日研修団)を延長させ、時折り集って座談会等を開いていると云う。
 この前も「やれ!一周年だ」と県人会会館で集ったらしく、このようにして彼等(子弟)は彼等で、その一つの絆にむすばれて有意義な集いを持ち楽しんでいます。ほんとに喜ばしい限りであります。

 今後も続けられると云うこの研修旅行により多くの子弟が参加してもらいたいことを望んで止みません。

 それから去った7月の県人会主催の陸上競技大会へ出場する為1千余キロもあるブラジリアより約40名の選手団がバス一台を借り切りでサンパウロへやって来た。
 彼等は金曜日の晩ブラジリアを出発、翌日(土)正午サンパウロへ着き、そして県人会の会館で寝泊まり(自炊)し、日曜日の大会へ出場するという強行軍にも拘わらず、その大会を終えて翌月曜日、今度は青年協会主催の野球大会があるので、それにも参加してもらったというのです。

 ところがそのチーム、何と強いこと、本選手の2、3名は剣道大会へ出場するため、その補欠にチビッコまで入っているというのによく奮闘し、次々勝ち抜き、地元優勝チーム(OBチーム)顔負けの腕前を発揮したというのです。

 それを機会に此処のチームは大いに刺激になり、またブラジリアの方は益々自重して、今後お互いに一段と熱を入れるでありましょう。ほんとにいいチャンスを作ったものだと思います。

 そしてまた、青年協会の方では、その日のアルモッサー(朝食)にと、牛肉50キロと飲み物を準備して、ブラジリアの選手を囲んでシュラスコ会、食べつつの試合で、「雨天なんかなんのその」、大変和やかな大会であったという。
 ブラジリアの方たちが県人会主催のその大会に参加するのは去年が初めてであるらしいが、それに参加する為の費用も大きいけど、しかしその後の彼等(主に青年隊の子弟)の行動が家庭なり、外(仕事)なりで一段と変って行くと云うことであります。

 それはちょうど、あの青年隊子弟の訪日研修団を小さくしたようなものだと云うのであります。
 そこでブラジリアの引率の方々は、「青年協会のこのような歓迎ぶりにどう感謝してよいやら…、それに試合も勝ったし、そんな喜ばしいことはない。今後益々彼等が自重してあらゆる面に精を出し頑張るであろう。

 本当に大きな刺激になった。今後もよろしく仲間入りさせて下さい」、と感激し満足して帰った、と主人が話したので、私も何だか胸の熱くなる思いで、「青年協会はほんとに良いことをしたね」と云うたら、主人曰く「いや、それはお返しなんだよ。僕等も実態調査等で向うへ行った時には大変お世話になっているんだから….」と。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)2017年10月10日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)  然もその高校選抜チームの中に糸満市喜屋武出身の慶留間君がいた。  彼は、字米須のウマイキーナングスク生まれのオバーの孫にあたる少年ということで特別親近感を感じ、うるま会館に招き激励会を催し交流を図った。  これが契機となり1989年7月30日にはサンベンナルド・ド・カンポ […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(66)2017年9月27日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(66)  子供たちの学校休日をフエイラ稼業に就労させて、学業をおろそかにする何とも苦い思いであった。  自分が県人会活動に傾注していると結果的に家族を犠牲にせざるを得なくなる。  これは誰もが知っている当然のことだ。だがそれを知っていて、しかも無報酬で、なんでそんなことをするのか。 […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(63)2017年9月22日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(63)  ほんとに微笑ましいことではありませんか。妻なる私たちの目の届かぬ所で、私たちの主人たちは、あれこれと素晴らしいことをして居るのです。  今までは子供を育てるために“あくせくの毎日”でしたので、主人がそのような用事で出かける度に「今日もまたでかけるの?」とか、と云う言葉がとっ […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇2017年10月25日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇  山戸は、急遽母国沖縄に妻子を連れて帰国しました。1927年の事でした。  その帰途四国の高知県に妻の実家を訪ね、3ヶ月滞在した後ブラジルに帰省した。  2度目の訪日は1968年で、米軍政の統治下にある郷土を再度訪問し、その変貌ぶりに驚愕したという。 篠原恵美子―― 父は […]