ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(51)

わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(51)

15周年記念実行委員会の職務分担
 式典司会  池城行雄
 会場係  知念盛達 山城弘 金城昌孝
他青年隊カロン在住者
 進行係  仲宗根正憲 久場川サワ子
 接待係  久場盛忠 国吉真栄 石川繁
野原清一 比屋根進   
渡嘉敷唯康 池原秀俊
 受付係 大城三男 具志堅古三郎 
宮平守雄 神里栄光
与座清昌 照屋幸次郎 
伊野波盛雄 糸洲三郎
 隊員名簿及び実態調査の集計表の作成
     山城勇 具志堅古三郎 大城三男
 7月20日午後5時 沖縄産業開発青年協会瑞慶覧長仁理事長コンゴニァス空港に到着、青年隊多数出迎えた。
 慌ただしい日程で、邦字新聞3社、総領事館訪問などを行い、15周年祭典に備えた。

9 青年隊着伯15周年記念式典・祝賀祭典
日時 1972年7月30日午後4時
場所 ビラ・カロン支部会館

 式 順
開会の辞  司会   池城行雄
先亡者の霊に対し1分間の黙祷
在伯沖縄青年協会長あいさつ  山城 勇
沖縄産業開発青年協会理事長あいさつ
              瑞慶覧長仁
青年隊バッチと讃之状の授与
青年隊各方面代表近況報告
 (1)カンポ・グランデ  平良玉茂
 (2)ブラジリア    福島薫
 (3)カンピーナス   浦崎康重
 (4)ジュキア  屋良朝助
 (5)サンパウロ  宮平守雄
 (6)後続移住問題について  仲松弥英
     来賓祝辞
 (1)大浜信泉先生のメッセージ代読
瑞慶覧長仁
 (2)在伯沖縄協会長   屋比久孟清
 (3)沖縄文化センター理事長 花城清安
 (4)青年隊引受人代表者 山城粒吉
 (5)聖州議会議員  仲宗根ペードロ
カクテル・パーティ 乾杯 
在伯沖縄協会第一副会長   嘉陽 相備
アトラクション プログラム
(01)祝節     ビラカロン民謡クラブ
(02)かぎやで風 浦崎直秀
(03)上り口説         城間ミツ子
(04)鳩間節         新崎つる子
(05)舞踊(古城)        城間和子

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)2017年10月10日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(73)  然もその高校選抜チームの中に糸満市喜屋武出身の慶留間君がいた。  彼は、字米須のウマイキーナングスク生まれのオバーの孫にあたる少年ということで特別親近感を感じ、うるま会館に招き激励会を催し交流を図った。  これが契機となり1989年7月30日にはサンベンナルド・ド・カンポ […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇2017年10月25日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (83)  山城 勇  山戸は、急遽母国沖縄に妻子を連れて帰国しました。1927年の事でした。  その帰途四国の高知県に妻の実家を訪ね、3ヶ月滞在した後ブラジルに帰省した。  2度目の訪日は1968年で、米軍政の統治下にある郷土を再度訪問し、その変貌ぶりに驚愕したという。 篠原恵美子―― 父は […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)2017年10月4日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(70)  県人会では佐賀県人会からの案内状があって私は、沖縄県人会を代表して式典に参列、初めて井上武記者と対面することとなった。  そして取材後のひと時を利用してわが家に案内一族に紹介し夕食を共にした。  限られた時間のつき合いであったが、最近の若い二世たちに見られない規律正しい快 […]
  • わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)2017年10月5日 わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)  出発は10月16日、18日那覇着。  翌日、県知事及び県議会議長表敬訪問、その後琉球新報・沖縄タイムス・琉球放送を訪ね、その翌日西武オリオンホテル集合し県の指定する公式日程にはいる。 ロゴマーク [趣旨] 海と太陽につちかわれた沖縄県の文化を象徴し、21世紀にむかって羽 […]