ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁=アエシオに上議停職の判決=JBSショック後の処遇で=上告の可能性は残るも=大統領選出馬に黄信号

《ブラジル》最高裁=アエシオに上議停職の判決=JBSショック後の処遇で=上告の可能性は残るも=大統領選出馬に黄信号

26日のアエシオ氏(Lula Marques/AGPT)

26日のアエシオ氏(Lula Marques/AGPT)

 26日、最高裁第1小法廷で、JBSショック後に連邦検察庁が提出したアエシオ・ネーヴェス上議(民主社会党・PSDB)に対する逮捕請求の審理が行われた。同上議は検察庁が求めた逮捕こそ免れたものの、上議停職という判決が下された。上告は可能だが、来年の大統領選出馬を目指すアエシオ氏には苦しい結果となった。27日付現地紙が報じている。

 アエシオ氏への逮捕請求は、同氏がJBS社主のジョエズレイ・バチスタ氏に、担当弁護士に払う費用として200万レアルの支払いを求める発言が録音されたことに端を発する。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ