ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ロライマ州=MCMV絡みの汚職摘発=標的はジュカー上議の家族=3200万レを不正に得た疑い

《ブラジル》ロライマ州=MCMV絡みの汚職摘発=標的はジュカー上議の家族=3200万レを不正に得た疑い

上院での審議の場でのジュカー上議(左端、Geraldo Magela/Agência Senado)

上院での審議の場でのジュカー上議(左端、Geraldo Magela/Agência Senado)

 連邦警察と国税庁が28日、連邦政府の持ち家政策の「ミーニャ・カーザ、ミーニャ・ヴィダ(MCMV)」にまつわる不正を摘発する「アネル・デ・ジジェス作戦」を敢行し、上院政府リーダーのロメロ・ジュカー上議(民主運動党・PMDB)の息子らが強制連行の上で事情聴取を受けたと28、29日付現地紙、サイトが報じた。
 MCMVはジウマ政権の看板政策の一つで、現政権でも継続。同政策のための資金は連邦貯蓄銀行(Caixa)を通して動いている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ