ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジルは灌漑大国=まだ灌漑で農地化できる土地はふんだんに

ブラジルは灌漑大国=まだ灌漑で農地化できる土地はふんだんに

ブラジリア連邦区の灌漑施設(参考画像・Pedro Ventura/Agência Brasília)

ブラジリア連邦区の灌漑施設(参考画像・Pedro Ventura/Agência Brasília)

 国家水道局(ANA)の調査によると、ブラジルは地球上で最大の灌漑面積を持つ10カ国の一つである事が分かった。
 国内の灌漑面積を調査し、地図に落としこんだ「アトラス灌漑(ブラジル灌漑地図)」によると、現在ブラジルの灌漑面積は695万ヘクタールだ。それらの灌漑地帯では、異なる灌漑技術を使って水が引かれ、農産物生産が行われている。この地図は、ブラジルには灌漑により農作用に使えるようになる土地が、現状のさらに4倍も存在する事も示している。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ