ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)

 出発は10月16日、18日那覇着。
 翌日、県知事及び県議会議長表敬訪問、その後琉球新報・沖縄タイムス・琉球放送を訪ね、その翌日西武オリオンホテル集合し県の指定する公式日程にはいる。

ロゴマーク
[趣旨] 海と太陽につちかわれた沖縄県の文化を象徴し、21世紀にむかって羽ばたく県民の情熱と友情、平和の心をあらわす。

マスコットマーク
[趣旨] 海邦国体を広く県内外に紹介し、親しみある大会にするため、海邦国体マスコットを制定。
 海邦国体マスコットは、国指定の天然記念物であるヤンバルクイナをモデルとしたものであると説明されている。

 こうした日本の国家的なスポーツ大会が初めて沖縄で催され、しかも県から招待とあってブラジルの県人会員には大きな関心を寄せたものと見られる。

 従って、200名近い人々から申込みを受けた。

 今大会は、陸上競技を初め30種目の正式競技があるがその中沖縄県人が得意とする空手道はブラジルをはじめ南米でも盛んに普及され、県人会の年中行事にも組まれていることから特別に空手道選手5名がオブザーバーとして参加した。

 本大会の「テーマ」や「スローガン」で示す通り県民上げての国体だけに県内ほとんどの市町村にいずれかの競技会場が設営され、6日間の競技大会が各市町村でも展開された。

 このスポーツの祭典に招待を受けた海外移住者にとってはこの競技見物以上に喜びと誇りを感じたものは25日の開会式への参列だった。
 沖縄市比屋根の県総合運動公園陸上競技場に47都道府県から2万人近い選手団が詰めかけ、その入場・退場の行進隊列や整列隊形など寸分の違いもなく一致し実に見事なもの。

 しかも入場行進の速度までちゃんとした規定があり、1分間で116歩歩幅65cmの規準で国体の選手団にとっては事前より予備訓練がなされているようである。

 そして総て式典音楽が創作制定され、その演奏によって行進し演舞する集団演技などの足並みの一致、よくも訓練されたもので素晴らしく見事そのものであった。
 初めて見る鼓笛隊による競技役員団の入場は32,000観衆の心をしっかりつかみ動かさなかった。
 それもそのはずで、吹奏楽隊800人、合唱隊800人ファンファーレ60人、太鼓隊50人という一大楽隊楽器の圧倒的響きがそうさせたのであろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]