ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(71)

 出発は10月16日、18日那覇着。
 翌日、県知事及び県議会議長表敬訪問、その後琉球新報・沖縄タイムス・琉球放送を訪ね、その翌日西武オリオンホテル集合し県の指定する公式日程にはいる。

ロゴマーク
[趣旨] 海と太陽につちかわれた沖縄県の文化を象徴し、21世紀にむかって羽ばたく県民の情熱と友情、平和の心をあらわす。

マスコットマーク
[趣旨] 海邦国体を広く県内外に紹介し、親しみある大会にするため、海邦国体マスコットを制定。
 海邦国体マスコットは、国指定の天然記念物であるヤンバルクイナをモデルとしたものであると説明されている。

 こうした日本の国家的なスポーツ大会が初めて沖縄で催され、しかも県から招待とあってブラジルの県人会員には大きな関心を寄せたものと見られる。

 従って、200名近い人々から申込みを受けた。

 今大会は、陸上競技を初め30種目の正式競技があるがその中沖縄県人が得意とする空手道はブラジルをはじめ南米でも盛んに普及され、県人会の年中行事にも組まれていることから特別に空手道選手5名がオブザーバーとして参加した。

 本大会の「テーマ」や「スローガン」で示す通り県民上げての国体だけに県内ほとんどの市町村にいずれかの競技会場が設営され、6日間の競技大会が各市町村でも展開された。

 このスポーツの祭典に招待を受けた海外移住者にとってはこの競技見物以上に喜びと誇りを感じたものは25日の開会式への参列だった。
 沖縄市比屋根の県総合運動公園陸上競技場に47都道府県から2万人近い選手団が詰めかけ、その入場・退場の行進隊列や整列隊形など寸分の違いもなく一致し実に見事なもの。

 しかも入場行進の速度までちゃんとした規定があり、1分間で116歩歩幅65cmの規準で国体の選手団にとっては事前より予備訓練がなされているようである。

 そして総て式典音楽が創作制定され、その演奏によって行進し演舞する集団演技などの足並みの一致、よくも訓練されたもので素晴らしく見事そのものであった。
 初めて見る鼓笛隊による競技役員団の入場は32,000観衆の心をしっかりつかみ動かさなかった。
 それもそのはずで、吹奏楽隊800人、合唱隊800人ファンファーレ60人、太鼓隊50人という一大楽隊楽器の圧倒的響きがそうさせたのであろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(55)2017年9月7日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(55)  小さな組織である青年隊グループによる自主的なスポーツ・文化活動が沖縄県人会にも影響を与え、文化センターとの対立的雰囲気を融和し和らげていく上で、大きな示唆を与えた、と言っても決して過言ではない。  1975年6月の文化センター定期総会において、青年隊側からも是非執行部に入て […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(48)2017年8月29日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(48)  当時は、未だテレビの普及度も少なく娯楽に乏しい時代、特に若者にとっては皆で楽しめるバレーボールや野球は、大いに期待する行事であった。  青年協会にとって初めての行事だけに予算や資金もないので本番数日前に協力券1枚5コントス)300枚を発行し役員で売り捌くことにしたので、資金 […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(54)2017年9月6日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(54) カーザベルデ地区 瀬名波栄進 宮城真吉 古波蔵実(約200人) カンポ・リンポ地区 城間政吉(約80名) ペンヤ地区 喜納盛忠 久手堅勲(約30名) 日の出地区 花城康栄 喜納茂 伊野波盛雄(約60名) サン・カエターノ 喜納真次(約100名) サント・アンドレー 島 […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(47)2017年8月26日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(47)  移住青年隊の後続部隊が輩出しないのも、ここに一因あるのではないか。そして、対策の道も開けることができるのではないか、と胸に込み上げてくるものがあった。  私は、報告活動を終えるに当たって、沖縄産業開発青年協会、移住事業団、移住課の特別なお世話と御指導にたいし深く感謝の意を表 […]