ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇

連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇

 そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。
 そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。
 そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること。

 同時に海外日系社会においても、同じように2世・3世と世代が進むにつれ、母国・母県との縁も薄れてしまうので、それぞれの故郷を訪ね交流を深め、永遠にその国との絆を維持し活性化をはかることを目的に250名の「ふるさと創生事業団」が結成され訪日したのである。

 

 日系120万人から250人と員数にしては少ないけれども、国家総理の施策としての意義は深くユニークな構想と云える。
 然もわが母県沖縄においては他県では見られない世界ウチナーンチュ大会が開催され、移民大県だからこそできる一大事業を展開し、海外県系人が大きな喜びと誇りを享受した年でもある。

 そのふるさと創生事業訪問団にはサンパウロ市の沖縄県人会本部から5名、パラナ州、ロンドリーナ、及び南マット・グロッソ州カンポ・グランデー各支部から各1人を含め7名の県系人が参加した。その氏名は下記の通りである。

『ブラジル沖縄県人移民史 ― 笠戸丸から90年』の思い
ー 山城勇氏インタービュー

宮城あきら―『ブラジル沖縄県人移民史―笠戸丸から90年』は、2000年6月18日に発刊されましたが、刊行と同時に内外から大きな反響を呼び、文協主催の2000年度『ニッケイ文芸』賞を受賞すると共に、『沖縄タイムス出版文化特別賞』を受賞しました。

 2つの賞の受賞に輝いたことは、編集委員一同大いに喜び、光栄に思ったことでしたが、それは同時に笠戸丸移民以来の幾多の苦難を乗り越えて今日を切り開いてきた全ての県人移民に授けられた栄誉として受け止め、胸にかみしめたことが思い出されます。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • 第14回 ブラジル文化の根っこ2015年1月24日 第14回 ブラジル文化の根っこ  ブラジルの有力紙エスタド・デ・サンパウロ紙が2015年1月4日に創刊140周年を迎え、関連の特集を連日組んでいる。1875年の創刊だが、日本の読売新聞が1874年、朝日新聞が1879年創刊なので、ほぼ同時期にスタートをしていることになる。その特集の中に、エスタド紙の歴史と […]
  • 日本移民105周年に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 菊地 義治2013年6月29日 日本移民105周年に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 菊地 義治 ブラジル日本移民105周年 ニッケイ新聞 2013年6月15日  今を遡ること105年前の1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がここブラジル国のサントス港に上陸して105年の歳月が流れました。そして、今や、ブラジル国に於ける日系社会は150万 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=(84) =  山城 勇2017年10月26日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=(84) =  山城 勇  金城ウト(沖縄系2世第1号)に聞く1908年(明治41年)6月18日、第1回ブラジル移民、笠戸丸乗船者の沖縄県人の家族構成49家族の中に、宮平牛助(26歳)を家長として、妻カメ(26歳)甥の比嘉善太郎(13歳)、妻の従兄山城武太(27歳)、妻の従弟比嘉松助(18歳)、従弟玉城 […]