ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(77)

わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=山城 勇=(77)

5  移住80周年記念誌の編纂

 

 私は、1975年3月以降、在伯沖縄県人会の役員にあてられて1990年まで15年間理事・監査役・副会長・会長として働いてきた。

 

 特に1978年移民70周年記念祭典と会館落成の祝典に際し、記念誌作りの手伝いから毎年の広報(協和誌)作りの専任みたいになってしまった。

 幸いにも10年後の移民80周年祭典には、宮城滋氏が理事として仲間入りして頂いたので、笠戸丸から80年の県人の移民社会の動静を眺望して記録に残しておきたいと考えて、80周年記念誌編集委員長をお願いした。

 

 同氏は花卉園経営の多忙な身で遥々アルジァから往来し、その任に当り大変ご苦労なさって500頁余の大冊を編纂することができた。

 

 特に2世、3世層の有能な人材発掘を目的とした調査を手掛けたこと(約70頁分の名簿)や戦前の沖縄県人会(球陽協会)の創立を記録した球陽協会『会報』創刊号の発掘など、貴重な資料の記録がかなえられたことは誠に意義深い記録誌となった。

 

 同時に我々の先達による県人社会の基礎作りで苦労を重ねてきた功績とそれを受け継いで更に後世へ伝達すべく努力することは、必然的な働きであり、そのつながりを子々孫々に心のこもった正しい記録として伝える義務を我々は果たさねばならない。

 その使命感を持って記念誌作りに挑むことこそ重要であろう。

 

 その願いをこめて功労者でありながら面識のない県人会(球陽協会)初代会長翁長助成氏未亡人や城間善吉氏未亡人、更に笠戸丸移民の日系歯科医第一号の金城山戸の息女、日系2世第一号の金城ウトさんなど先駆者古老を訪ね、その足跡を記録に残すべく表敬訪問をした。

 

 移民誰しもさけて通れない紆余曲折・幾多の試練をどう乗り越えて今日を築いてきたのか、その足跡の一端でもと思い、『移民80周年記念誌』より引用しながら纏めてみた。故 翁長助成氏ユキ夫人に聞く沖縄県人会である球陽協会は、1926年8月に創立されたが、その中心人物が翁長助成である。

 

 1913年(大正2年)沖縄出身者の耕地逃亡者が多いと云うことで沖縄移民は「不良移民」のレッテルをはられて全面禁止された。

 

 同16年に試験的にと解除されたが、同19年には再び禁止措置が取られ、「自費で呼び寄せ移民のみ」と制限された。

 国策としての移民政策の中で、沖縄移民は不平等な差別を受けたのである。

 勿論沖縄県人移民は、笠戸丸移民以来比較的人数が多かったので、夜逃げ・逃亡事件も目立っていたであろうが、実際には他府県移民も全く同じ事情であり、そのような事件が特別沖縄移民にだけ生起していた問題ではなかった。

 この沖縄県人移民にたいする日本の関係機関の偏見と差別処置を撤廃するには、在留県人が結束し一丸となって訴えその対策を講じなければならない。

 それが動機となって球陽協会が結成されたのである。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列2018年6月20日 移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列  最初の移民船「笠戸丸」がサントスに着港してから110年――6月18日の「移民の日」の前日の17日、「開拓先亡者追悼法要」がイビラプエラ公園及び文協大講堂で行われた。ともに例年を遥かに上回る参列者が出席。特に文協大講堂の法要は節目に相応しく〃異例〃の1千人近くが参列、次 […]
  • 島袋レダさん=船上で亡くなった戦前移民の記録を=17日の移民の日法要に向け2018年6月5日 島袋レダさん=船上で亡くなった戦前移民の記録を=17日の移民の日法要に向け  印刷会社グラフィカ・パウロスの共同経営者、島袋レダさん(67、三世)が、移民110周年を機に、移民船で亡くなった戦前移民の記録を17日の「移民の日の法要」までに整理し、各県人会の過去帳に掲載しようと動いている。  島袋さんは移民百周年の際、戦前戦後の乗船者名簿をロー […]
  • 移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫2018年6月20日 移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  笠戸丸移民に始まる日本移民の歴史も110周年を迎え、日本人の数は年を追うごとに減少しておりますが、私どもの子孫であります二世、三世、四世、五世、そして六世では成人に達した人もあり、七世も近いかと思われます。  毎年、六月十八日の『ブラジル日本移民の日』にイビラプエラ […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要2017年6月20日 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着し、日本人移民がブラジルの地を踏んでから109年―。今年も「移民の日」を迎え、ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(佐々木良法エドアルド会長)共催による『開拓先亡者追悼法要』が、18日午後2時から文協大講堂で開催 […]