ホーム | 文芸 | 連載小説 | わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇 | 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=(85)=  山城 勇

連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて=(85)=  山城 勇

6 世界のウチナーンチュー大会

1990年8月23日~26日

 本大会は西銘順治知事就任以来の重要施策の一つだったようで、その3年前の1987年海邦国体にも海外移住者特別招待があり、7カ国から約500名の海外移住者達が特別招待を受けている。

 そして県を始め各市町村長会などの共催で「ワールド・ウチナーンチュー・フェスティバル」を開催し、大好評をはくした。

 県や国が主催するこのような大きいイベントに海外移住者が特別招待されることは今日までほとんどなかったことである。

 今回の世界のウチナーンチュー大会を開催することによって県と各移住先国の移住者の絆・連繋を深め一層のネットワークの強化を企画し、その機能を図るのが目的だと大会実行委員会は意義づけている。

 

 その目的を達成するには、世界各地に散在する県人の中から「ウチナーンチュ民間大使」を配置し、ネットワーク作りの人的拠点の役割を果たしてもらうこと。

 

 そこで移住先国が確認されている17カ国37地域から、県人会長を含む100人が2ヵ年の任期で「民間大使」として選任された。

 

 その中のブラジルは、沖縄移民の最大集団国でありながら民間大使数の枠からして少ないので、何回か増員を要請したが認めてもらえなかった。
 大会実行委員会は何を基準に民間大使数を配置したのかその意味がわからない。

 

 アメリカ合衆国は1国12地域にまたがって約7万人しかいないのに大使数は30人とずばぬけて多いし、アルゼンチンも約3万5千人に対して10名、それに比較してブラジルは12万人に対して15名の数にすぎない。

 その比率からして少ないことは一目瞭然である。にもかかわらず日本の日本人及び県人たちは、今更ながらアメリカオンリーを踏襲している感じはぬぐえない。

 

ブラジル側民間大使

 ブラジル沖縄県人会からは15名の民間大使が選任された。

 結局1世(6名)ばかりでなく2世(9名)も、それと活動分野も県人会のみでなく、政治家や学術、大学教授、農業、弁護士などその他広範にわたった分野の人材が選任されている。

 その他に地域社会に功績のあった人たちへの特別招待があった。

 世界17カ国、41地域から2397人が参加し、事務局の当初目標(500人)を大きく上回った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 外間グースさん、単独公演4日に2018年10月25日 外間グースさん、単独公演4日に  アルゼンチン沖縄県系三世の外間グースさんによる単独公演「ライブ・イン・ブラジル」が、来月4日午後7時半から、市内のUMC劇場(Av. Imperatriz Leopoldina, […]
  • 大耳小耳2018年9月21日 大耳小耳  日本力行会(在東京都)の会報『力行世界』1079号が8月に刊行された。それには平成30年春の叙勲で、力行会アルゼンチン支部長の山口義男さんが「旭日単光章」を受賞したことが写真入で報じられていた。1956年にブラジル軍艦で当地に移住後、58年に力行会の仲間数人とアルゼンチンへ転 […]
  • 一 特別座談会=四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=(11・終り)2018年9月1日 一 特別座談会=四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=(11・終り) 【深沢】わかります。僕らみたいな邦字紙が、今ブラジルではこういうことが決まりました、こういうときはこういう風にしてくださいという情報を日本語で流して、ブラジルで生活していくうえで摩擦が起きないような役割をしてきたと思うんですよね。  日本のコミュニティにもそういうメデ […]
  • 岩手地酒「南部美人」=来年からブラジル向け特別生産=南米で販路拡大目指す2018年9月1日 岩手地酒「南部美人」=来年からブラジル向け特別生産=南米で販路拡大目指す  岩手の地酒・南部美人は2004年に一升瓶30本の輸出で始まったが、今や世界21カ国に年間数千本を卸している。今月26日に開催された岩手県人会創立60周年記念式典に出席した五代目蔵元・久慈浩介さんに、南米での販路拡大計画や、ブラジル向けに受注した日本酒造りなど、普及にか […]