ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 格付会社のムーディーズ社がペトロブラス(PB)の格付をB1からBa3に引き上げ、注釈を「ポジティブ」から「安定」に変更した。この変更は、同社の資本流動性の改善、債務レバレッジの削減、厳格な企業統治、企業ガバナンスの強化を反映したものとムーディーズ社は発表している。Ba3に格上げされたといっても、PB社への投資は「投機的」(安定性に欠け、リスクが大きい)であるとの評価は変わっていない。
     ◎
 サンパウロ市の東隣のフェラース・デ・ヴァスコンセロス市で16日午後、武器の秘密工場が発見された。市警の発表によると、この秘密工場は、市警の強盗抑制武装班(Garra)とサンパウロ市東部の第44署の合同作戦によって発見された。「フェラース・デ・ヴァスコンセロス市のジョアン・レイテ・デ・シケイラ街の住居が秘密武器工場として使われていた。1人を現行犯逮捕した」と市警は発表している。現場からは、機関銃とよく似た武器5丁と、その他の武器をつくるための部品などが発見された。
     ◎
 17日午前11時頃、非政府系の自然保護団体グリーンピースの飛行機が、アマゾナス州ノーヴォ・アイロン市近くのアナヴィリャーナス諸島地域に墜落した。「諸島」というと、海に浮かぶ島々を想像するが、事故現場のアナヴィリャーナス諸島は、幅の広いネグロ川に小さな島々が浮かんでいる地帯だ。事故機に乗っていたのは5人だが、17日午後時点で死亡が確認されたのは、スウェーデン人の女性調査員1人のみだ。ブラジル空軍は調査を約束し、グリーンピース側も遺族への支援と調査への協力を約束している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年3月6日 東西南北  現在、パラナ州クリチーバにあるオスカー・ニーマイアー美術館では、ラヴァ・ジャット作戦で押収された絵画の展覧会が行われている。これらの作品は、元ペトロブラスのサービス部長だったレナト・ドゥケ氏をはじめとした被告たちが賄賂代わりに手にしたものだ。これらの価値が非常に高く、話題とな […]
  • 東西南北2017年1月19日 東西南北  17日、サンパウロ州サントスで、電気技師のジョルジュ・アラウージョ・ダ・シウヴァさんが、火災にあったアパートから、6歳から12歳までの少女4人を救出し、一躍ヒーローとなった。ジョルジュさんは同日午前10時30分頃、仕事に向かう途中で、あるアパートから煙が出ているのを見かけた。 […]
  • 東西南北2017年3月21日 東西南北  17日に行われた連邦警察の「カルネ・フラッカ作戦」は、その開始のインパクトに関して言えば、静かな始まり方だったラヴァ・ジャット作戦の何十倍も国民に大きなショックを与えた。それもそのはず。ブラジルの食文化と言えば、やはり肉食。大きな串に刺したピッカーニャの薄切りを食べる姿は、サ […]
  • 東西南北2016年7月13日 東西南北  本頁でもここのところ報じているように、今日13日は下院議長の選挙が行われる。もっとも、混戦が予想されるので、今日のうちに一気に決まるかはわからない。ただ、国民としては、これだけ政治混乱が続いた後だけに、選んだ後にすぐに辞任して代わるような人だけは避けて欲しいところ。既に報じら […]
  • 東西南北2016年8月17日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦を管轄するパラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事が12日、労働者党(PT)元中央会計のパウロ・フェレイラ容疑者に対し、100万レアルの賄賂をペトロブラスの調査センター(Cenpes)から受け取っていた容疑についての検察側の起訴状を認め、被告とした。これでPT […]