ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=19市で州都第一コマンド関係者逮捕=リオ市南部の麻薬密売組織に麻薬や武器支援か

サンパウロ州=19市で州都第一コマンド関係者逮捕=リオ市南部の麻薬密売組織に麻薬や武器支援か

 サンパウロ州市警が19日、サンパウロ大都市圏や南部海岸などの19市で、州都第一コマンド(PCC)関係者や武器などを摘発するための作戦を敢行したと、19,20日付現地紙、サイトが報じた。
 サンベルナルド・ド・カンポ市にある麻薬捜査課の指揮の下で行われた「サラザル作戦」では、PCC構成員16人が逮捕され、銃器類5丁、携帯電話30個、麻薬5キロ、コンピューター、通信用ラジオなどが押収された。他のPCC構成員15人も捜索中だ。
 市警は盗聴で、PCCが、9月17日から内部抗争が続いているリオ市南部のファヴェーラ、ロッシーニャの麻薬密売組織アミーゴ・ドス・アミーゴス(ADA)に麻薬や武器を提供していた可能性を示す情報を得ていた。
 PCCは昨年来、リオ市一の麻薬密売組織コマンド・ヴェルメーリャ(CV)に対抗するために、同市で2番目に大きな密売組織のADAと手を組んでいる。
 19日の逮捕者の1人は、PCCの首領の一人で、ADAとの交渉を取り仕切っていたファビアノ・ロブソン・ドス・サントスことネガン(ADA側の通称はサラザル)だ。警察によると、ネガンとの会話には現在も身元が判明していない仲介者が数十人出てくるが、会話の盗聴から、ADAがPCCに武器や銃弾の補給などを要請していた事は明らかだという。
 警察は、盗聴出来た会話で要求された武器や銃弾が実際にADAに届けられたかは定かではないというが、PCCとADAが、ブラジリアでの抗議行動に構成員を連れて参加する意向だった事も判明していたという。
 ロッシーニャはADAのアントニオ・ボンフィン・ロペスことネンが支配していたが、ネンの逮捕後、彼の右腕だったロジェリオ・ダ・シウヴァことロジェリオ157がネンの妻達を追い出したために内部抗争が起き、軍の派遣も起きた。
 ネガンが手を結んだ相手がロジェリオ派かネン派かは、現地紙上では明らかにされていない。
 ダッタフォーリャの調査によると、治安悪化のため、リオ市民の72%は可能なら同市から転居をと望んでいる。最近銃声を聞いたという人は67%、銃が使われるのを目撃したり生活のリズムを変えたりした人も3分の1いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • リオ=霧のため空の便に影響相次ぐ=先週末から3日連続で2017年5月31日 リオ=霧のため空の便に影響相次ぐ=先週末から3日連続で  リオデジャネイロ市では28日から強い霧が発生しており、市内のサントス・ドゥモン空港では、30日まで、3日連続で欠航が発生した。  30日は午前10時50分までに、26便が欠航し、18便が遅延、1便が同じリオ市内のガレオン空港に振り替え着陸となった。  この影響はサ […]
  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]