ホーム | ブラジル国内ニュース | 迫る運命の1・24=ルーラ元大統領、第2審敗訴でも立候補可能?!=幾通りもある控訴や上告手段=当選後に有罪なら選挙やり直し

迫る運命の1・24=ルーラ元大統領、第2審敗訴でも立候補可能?!=幾通りもある控訴や上告手段=当選後に有罪なら選挙やり直し

ルーラ氏(Ricardo Stuckert)

ルーラ氏(Ricardo Stuckert)

 明日24日、リオ・グランデ・ド・スール州ポルト・アレグレの第4地域裁(TRF4)でルーラ元大統領の収賄容疑での第2審裁判が行なわれる。第1審判決でモーロ判事が9年6カ月の刑を宣告したのを受けて、控訴されていた。その判決次第では様々な上告のやり方があり、ルーラ氏の大統領選出馬は色々なケースで可能だと、21日付現地紙が報じている。

 ルーラ氏のこの裁判の後、大統領立候補できる展開は、大きく分けて5つ考えられる、と同紙。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ