ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市の中に凝縮される格差=平均寿命の差は24年も

サンパウロ市の中に凝縮される格差=平均寿命の差は24年も

 レジ・ノッサ・サンパウロが24日、サンパウロ市内の「格差地図」2017年版を発表した。サンパウロ市内の各区を38の項目で分析した結果、区別の平均寿命は最大で24年弱違う事などが判明したと24日、25日付現地紙・サイトが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ