ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》テメル大統領が泌尿器閉塞(排尿障害)で緊急入院=下院での告発審議の日に《ブラジル》テメル大統領が泌尿器閉塞(排尿障害)で緊急入院=下院での告発審議の日に

《ブラジル》テメル大統領が泌尿器閉塞(排尿障害)で緊急入院=下院での告発審議の日に《ブラジル》テメル大統領が泌尿器閉塞(排尿障害)で緊急入院=下院での告発審議の日に

 テメル大統領が25日午前中に体調を崩し、ブラジリアの病院に緊急入院した。25日付現地紙サイトが報じている。 大統領はこの日、陸軍で行われた表彰式の最中に気分が悪くなり、正午前に大統領府の医務室で診察を受けた。その結果、泌尿器閉塞(排尿障害)を起こしていることが判明。そのまま陸軍病院に緊急入院して、検査と治療を受けることとなった。大統領府からの声明によると、「大統領府の医師が泌尿器閉塞と診断しており、陸軍病院で精密検査を行うよう勧められている状態だ」とのことだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ