ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス

サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス

(左より)ルッソマノ、コーヴァス、ボウロス氏(Twitter)

 9日、全国で市長選の選挙放送が始まった。投票日の3日前まで毎日テレビとラジオで放送される、投票者への影響力が強い放送の開始で、選挙戦がどう変わっていくかが注目されている。9日付現地紙が報じている。
 選挙放送は、9日から11月12日まで続けられる。放送が行われるのはテレビ局、ラジオ局全般で、基本は1日2ブロックに分かれて10分ずつの放送だ。テレビでは13時から13時10分、20時30分から40分。ラジオでは7時から7時10分、12時から12時10分の2回だ。
 これに加えて、各局で1日70分ずつ与えられた選挙放送スポットがある。これらは30秒、もしくは60秒のコマーシャルで構成されており、60%が市長候補によるもの、40%が市議候補に当てられる。
 割り当て時間は、その候補者が所属する政党が2018年の下院議員選挙で得た議席数に比例して決められるが、副候補や連立政党の時間もプラスされるので、多くの政党と連立を組むほど有利になる。
 サンパウロ市の場合は、現職のブルーノ・コーヴァス氏が有利で、所属の民主社会党(PSDB)と副候補のリカルド・ヌーネス氏が所属する民主運動(MDB)の持ち時間に加え、民主党(DEM)、キリスト教社会党(PSC)、進歩党(PP)、緑の党(PV)、自由党(PL)、シダダニア、ポデモスなどとの連立により、10分の選挙放送の約35%にあたる3分29秒ほどを利用できる。

 最新のダッタフォーリャの世論調査では、コーヴァス氏は21%の支持率で2位だが、支持率27%で1位のセルソ・ルッソマノ氏(共和者・RP)の51秒の3倍以上の時間で追い上げを狙う。
 今年の場合、各放送局で行われる候補者たちによる討論会が、コロナ禍を理由に続々キャンセルされているため、テレビでのアピールでは、選挙放送がこれまで以上に重要な意味を持っている。
 だが、2018年の大統領選で、選挙放送の持ち時間が極めて少なかったボルソナロ氏が勝利し、持ち時間で圧倒的に有利だったジェラルド・アウキミン氏が惨敗した。このように選挙放送での不利をネット展開で補うケースも最近では見られている。
 最新のダッタフォーリャのサンパウロ市市長選世論調査では12%の支持率で3位のギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)の場合、持ち時間はわずか17秒だが、ネットのフォロワーは200万人近い。
 選挙放送でのイメージ戦略も有権者にアピールするための鍵を握っている。始まったばかりの選挙放送では、ルッソマノ氏がボルソナロ大統領、コーヴァス市長は祖父マリオ・コーヴァス元サンパウロ州知事、1%ほどの支持で苦戦しているジウマール・タット氏(労働者党・PT)はルーラ元大統領、ボウロス氏が人気俳優のヴァギネル・モウラを、それぞれ画面に登場させている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]
  • 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが2020年10月3日 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが  ボルソナロ大統領が当選し、ゲデス氏を経済相に据える事を明らかにした時、外国人投資家を含むマーケットは好感を示した。だが、コロナ禍の影響や財政危機の可能性の高まり、政界の混乱などで、株式市場から撤退する外国人投資家が続出しており、1~9月の引き揚げ額は既に、昨年1年間の […]
  • 激震が止まらないリオ市長選2020年10月2日 激震が止まらないリオ市長選  9月も終わり、いよいよ10月。新型コロナウイルスで順延されたとはいえ、4年に一度の全国市長選が、そろそろ実感を伴って楽しみになってくる頃だ。  サンパウロ市民としては、もちろんサンパウロ市市長選も気になるところ。だが、コラム子がもっとも気にしている市は、やはりリオだ […]
  • サンパウロ市長選が開始!=選挙放送時間で有利な現職=注目されるSNS戦略や虚報対策2020年9月29日 サンパウロ市長選が開始!=選挙放送時間で有利な現職=注目されるSNS戦略や虚報対策  11月15日の投票日に向け、26日に全国市長選の出馬登録が締め切られ、翌27日から選挙運動が幕を切った。サンパウロ市では、10月9日から始まる選挙放送では全時間の4割を現職市長が占有して有利と見られる。だが、選挙運動期間が短いために前評判1位のセウソ・ルッソマノ候補が […]
  • 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ2020年9月24日 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ  治験最終段階で良い報告が得られていることで、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が、中国製のワクチンを12月にも実用化させたいと考えているという。23日付現地サイトが報じている。  このワクチンは、中国の製薬会社「シノヴァック」が開発中の「コロ […]