ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》人気コメディ集団襲われる=愛国集団が火炎瓶で威嚇行為

《リオ市》人気コメディ集団襲われる=愛国集団が火炎瓶で威嚇行為

 リオ市ボタフォゴ区の人気コメディ・グループ「ポルタ・ドス・フンドス」の事務所が、24日に愛国過激派「統合主義(integralista)」に襲われ、火炎瓶2個を投げ込まれた。同グループ作成の短編映画に対する攻撃と見られている。25日付現地サイトが報じた。
 事件発生は24日午前4時頃で、監視カメラには、覆面姿の人物3人が火炎瓶を投げつける姿が映し出されていた。カメラの映像から一味は「統合主義」のメンバーとされ、同団体も自分たちの犯行だと認めた。
 統合主義は1930年代に欧米で生まれた集団で、ブラジルで結成されたものは史実的には「ブラジル版ナチス」と目される。1937年に当時のヴァルガス大統領の行った「エスタード・ノーヴォ」で解散に追い込まれたが、最近再結成されていた。
 今回の攻撃は同グループが12月3日にネットフリックスで公開した短編「キリスト 最初の誘惑」が原因のようだ。この作品では「キリストに同性愛者の愛人がいる」とされ、マリアが大麻を吸うシーンなども登場。福音派クリスチャンが上映禁止を求めており、先週までに200万人以上の署名が集まっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=今週、感染者100万人の大台超えへ=長引きそうな経済回復2020年6月17日 《ブラジル》コロナ禍=今週、感染者100万人の大台超えへ=長引きそうな経済回復  【既報関連】新型コロナウイルス蔓延のピーク越えか、第2の波の到来を招くかの分かれ目にある中、現段階ですら「経済の回復は他国より遅い」との見通しが発表されたと16日付現地紙が報じた。  16日夜の保健省発表による死者は1282人増(計4万5241人)、感染者数は3万4 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍で食生活に変化=太った、やせた、そのまんま2020年6月24日 《ブラジル》コロナ禍で食生活に変化=太った、やせた、そのまんま  コロナウイルスの感染拡大抑制のため、外出自粛令が出たりした事で、食生活や食習慣に変化が生じた人が多数いる。  通勤・通学中は外食が多かったが、在宅勤務やオンライン授業に切り替えられ、自宅で食事を取るようになったため、健康的な食生活になったという人もいる。  だが、 […]
  • 《サンパウロ州》コロナ禍で教育現場に格差 遠隔授業受けられぬ生徒も2020年5月6日 《サンパウロ州》コロナ禍で教育現場に格差 遠隔授業受けられぬ生徒も  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの学校で休校措置が採られたが、私立校は割りと早い時期から遠隔授業などを行っていたのに対し、公立校の生徒は遠隔授業にさえ参加できないなどの問題が出ていると5日付現地紙が報じた。  サンパウロ州の公立校生は、冬休みの前 […]
  • ベネズエラ=テロ未遂容疑で約40人逮捕=元米兵含み、野党協力説も2020年5月12日 ベネズエラ=テロ未遂容疑で約40人逮捕=元米兵含み、野党協力説も  【既報関連】ベネズエラでは今月はじめから、テロ疑惑で約40人が逮捕され、8人が射殺されるなど、不穏な動きが続いている。逮捕者の中には米国の元軍人も含まれており、野党の国民議会の関与も疑われている。11日付ブラジル国内ニュースサイトが報じている。 […]