ホーム | ブラジル国内ニュース | ボウソナロ=回復遅れ、退院1週延びる=病室から議会にメッセージ

ボウソナロ=回復遅れ、退院1週延びる=病室から議会にメッセージ

 先月下旬から人工肛門をとりはずす手術のために入院中だったボウソナロ大統領の退院が、発熱などのために1週間延期されることになったと5日付現地紙が報じている。
 腸の結合手術を1月28日に受けて以来、ボウソナロ大統領はサンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ