ホーム | コラム | 樹海 | 富重久子氏の選者退任に思う

富重久子氏の選者退任に思う

 12日付弊紙を見て、文芸欄(4面)に掲載された富重久子氏の「(ニッケイ俳壇)選者退任のご挨拶」に気づいた人も多いだろう▼夫の富重かずま氏が亡くなられた後、「もっと若い方に譲りたい」と繰り返し言いつつも、ずっと、俳壇選者の重責を負ってくれた。ひょんな事で同氏と同欄担当者との間の橋渡し役になった後、「投句を」と声をかけられた事があるが、一度も応えられないまま、最終回を迎えてしまった事を申し訳なく思う▼だが、紙面になる前に作品や句評に触れる機会を持ち得、いつも、投句者の人柄や来し方、十七文字に込められた想いなどを丁寧に読み取ろうとしている選者の姿勢を身近に感じる特権を享受していた。また、自分の体験などもおり混ぜて綴った句評は、読者からも丁寧でわかりやすいと好評だった▼中学で俳句の「いろは」に触れたか触れないか程度のコラム子には、十七文字という限られた世界で心情や情景を描くのは容易ではないし、切り詰めた表現で描いた世界を読み解く事も難しい。だが、折に触れて同氏が添える句評からは投句者への愛情や俳句への思いが感じられ、他の句に目が行く事もしばしばだった▼紙面掲載時に、弊紙の基準でアラビア数字を使ってしまい、「俳句や句評の中の数字は漢数字で」との要請を受けた事も、懐かしい出来事だ。怪我をした時や体調を崩した時でさえ、無理をおして原稿を送ってくれるなど、こちらが恐縮した事も。言葉を大切にし、詠み手を大切にする姿勢は、弊社を訪問する時の所作にも表れていた。12年余り、本当に多くの労と愛情を注いでくれた選者に、心からの感謝と敬意を表したい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 夫とは好対照な夫人のイメージ2019年1月11日 夫とは好対照な夫人のイメージ  元旦の大統領就任式で、ボウソナロ大統領夫人の株が随分上がった。表に出てきはじめたのが大統領当選後と間もなく、「福音派との結びつきが非常に強い人らしい」という情報しか入ってきていなかった▼だが、そんな彼女がたちまち国民の記憶に残ることを行なった。それが大統領就任式で行な […]
  • 新大統領とは対照的な世界最強女性2019年1月4日 新大統領とは対照的な世界最強女性  伯国で、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」は伯人だ▼昨 […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル2018年12月21日 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル  今、世界で「話題になっていない国はない」と思えるほど大ヒットしている映画が「ボヘミアン・ラプソディ」。英国の世界的任期ロックバンド、クイーンの伝記映画だ▼なんでも日本では、公開から5週間が過ぎても、普通、1週ごとに落ちるのが当たり前の動員が、同じかそれ以上のペースで推 […]
  • 様々な違いは豊かさの源泉2018年12月27日 様々な違いは豊かさの源泉  25日夜、フランシスコ法王がクリスマスメッセージの中で、国籍や文化、宗教、人種、思想などの違いを超えた友愛を説き、「我々が持つ違いは欠陥や危険の源ではなく、豊かさの源泉だ」と語ったとのニュースを聞いた。法王は、愛がなければ、どんなに優れた計画やプロジェクトも、空虚で魂のこもら […]