ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル日本語センター=全伯日語生徒の作品展示

ブラジル日本語センター=全伯日語生徒の作品展示

会場内の様子。手前に最優秀賞作品が飾られた。

会場内の様子。手前に最優秀賞作品が飾られた。

 ブラジル日本語センター(立花アルマンド理事長)が『第15回日本語祭り』を18から22日の5日間、同センターで開催した。会場内には全伯の日語学校生徒の力作が展示され、来場者を楽しませた。

 今回は書道、硬筆、作文、絵画、漫画・アニメ作品の5分野に1717点の応募があった。その内約480点の入賞作品が会場に展示された。

 来場した日語教師の後藤久珠子さんは「こういったイベントがあると生徒もやる気が出るし、受賞した生徒は嬉しいのでは」と語った。

 最優秀賞に選ばれた作品は以下の通り。

▼書道=「信じる道」エンドウ・アリッサさん(17、イタペチ日本語学校)▼硬筆=利光裟羅さん(15、マリアルバ日本語学校)▼作文=「自分の将来の役割」花嶋一郎(16、聖母学園)▼漫画=「イマジネーション」ジョアンナ・ジオヴァネラ・ネゴン(17、ジャカレー日本語学校)▼絵画=「バイアーナ」ニナ・ユキエ・フルショウ(14、コロニア・ピニャール日本語モデル校)

image_print

こちらの記事もどうぞ