ホーム | 日系社会ニュース | 相撲連盟=白熱した伯国代表選考大会=資金難に苦しむ一面も

相撲連盟=白熱した伯国代表選考大会=資金難に苦しむ一面も

白熱した相撲大会

白熱した相撲大会

 ブラジル相撲連盟(籠原功会長)主催『2017年度ベテラノ相撲大会』及び『2018年度世界大会参加選手選考相撲大会』が、22日に聖市ボン・レチーロ区常設土俵場行われた。
 来年度開催される世界大会の伯国代表選考を兼ねた今大会には、厳しい地区予選を勝ち抜いた全伯12支部から各12人が参加した。大瀧多喜夫渉外理事によれば「まさに真剣勝負。試合は白熱し、脱臼した選手も出たほど」という。
 一方、世界大会出場には多額の遠征費が嵩む。政治汚職の発覚以来、以前州や市から供出されていた支援金が今年は一切打ち切られ、資金難に苦しんでいるとも。大瀧渉外理事は「若い相撲選手を養成するためにも、是非支援をお願いしたい」と協力を呼びかけた。
 試合結果は以下の通り(敬称略)。
【男子青年】軽量=ガブリエル・ボナルジ、中量=ユウキ・サイトウ、重量一位=ジョアン・パウロ・ヴィラウバ、二位=ペドロ・ヴィラウバ、無差別=ペドロ・ヴィラウバ【女子青年】軽量一位=マリア・エドアルダ・クルス、二位=ギウリア・ミゲル・フランサ、中量=レチシア・クレメンチ、重量=ミレナ・カロリーナ・デ・マリアーノ、無差別=ギウリア・ミゲル・フランサ【男子成年】軽量一位=クレジソン・ヴィアナ、二位=テツシ・ナカヤ、中量一位=チアゴ・シアヴァレラ、二位=ジョアン・ヴィットル・ダンタス、重量=ルイ・アパレシーダ・ヂ・サ、無差別一位=アジエクソン・グロス、二位=ユウゾウ・サトウ【女子成年】中量一位=ヴァレリア・ドリオ、二位=ダニエラ・ファッチマ・オリベイラ、重量=マヤラ・ペレイラ・セバスチアン

image_print

こちらの記事もどうぞ