ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ大都市圏=不法占拠者5千人が大行進=サンベルナルド・ド・カンポ市から徒歩で23キロ

サンパウロ大都市圏=不法占拠者5千人が大行進=サンベルナルド・ド・カンポ市から徒歩で23キロ

 サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポ市の土地を不法占拠しているホームレス約5千人が10月31日、同市からサンパウロ市のサンパウロ州庁舎までの23キロの距離を歩いて行進し、占拠した土地の解放を求めた。1日付現地紙が報じている。
 この団体は、9月のはじめにサンベルナルド・ド・カンポ市プラナウト区にある7万平米の土地を不法占拠した「ホームレス労働者運動(MTST)」だ。「ポーヴォ・セン・メード」と呼ばれる占拠地に住む人々、約7千世帯は、裁判所から立ち退き命令が出ることを恐れながら暮らしている。
 彼らはこの日、午前7時頃に同地を出発。サンベルナルド・ド・カンポ市からサンパウロ市に行くにはアンシエッタ道を使うのが一般的だが、彼らは普通の道路を選び、高速道をふさぐことはしなかった。
 一行はサンパウロ市南部のシダーデ・アデマール地区を経由し、午後4時20分頃、サンパウロ市西部モルンビにあるサンパウロ州庁舎に到着した。
 サンパウロ州庁舎ではその後、3時間ほどの会議が行われ、サンパウロ州住居局のロドリゴ・ガルシア局長らが、州内の住居問題に関する交渉に前向きに応じることと、次回の話し合いは来週行うことを正式にアナウンスした。
 MTSTコーディネーターのギリェルメ・ボウロス氏は、「交渉の場は開かれた。これは重大な一歩だ」と、会談の成果を口にした。
 「ポーヴォ・セン・メード」では10月30日にカエターノ・ヴェローゾのコンサートが行われる予定だったが、裁判所の差し止め命令で中止となったことが大きく報じられ、社会的関心が上がっていた中での行進だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 〝永遠のデプタード〟下本八郎氏=コロナ入院後に85歳で逝去2021年6月23日 〝永遠のデプタード〟下本八郎氏=コロナ入院後に85歳で逝去  6期24年間もサンパウロ州議会議員を務めた下本八郎氏が21日午後10時、シリオ・リバネス病院で死去した。行年85歳。新型コロナウイルスにかかり5月17日に入院。コロナは一週間ほどで治ったが、持病の糖尿病が悪化、年齢もあって回復せず、あえなく亡くなった。政治家を辞めた後 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(24)2021年6月15日 安慶名栄子著『篤成』(24)  さて、バナナ栽培に携わっていた農夫たちの人生は、左程負担ばかりの人生でもありませんでした。多くの日本人の家族が地域で一緒に暮らしていましたが、共に働き、皆助け合いの精神で頑張っていました。特に沖縄県人は、現在までそうであるように、集まって歌い踊るのが大好きでした。子供が生まれ […]
  • 《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着2021年5月4日 《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着  ブラジルでの新型コロナ感染第2波は一時ほどの勢いを失い、米国の大学が立てた4月に10万人死亡という最悪のパターンには至らなかったが、4月の死者は8万2266人となり、3月の6万6573人を大幅に更新した。感染者191万264人は、3月の219万7488人に次ぐ記録とな […]
  • 東西南北2021年4月15日 東西南北  コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ […]
  • ペラッツォ教授=口述歴史の撮り方を講演=日系社会の語り部談話を残せ!=移民史料館研究センター2021年4月15日 ペラッツォ教授=口述歴史の撮り方を講演=日系社会の語り部談話を残せ!=移民史料館研究センター サンパウロ日本移民史料館(山下リジア運営院長)は3月25日午前9時、サンカエターノ・ド・スル市立大学(USCS)で歴史学を教えるプリシーラ・フェレイラ・ペラッツォ教授からオンラインで「ブラジル日系コミュニティの文化遺産、ビデオの口述歴史(オーラル・ヒストリー)」と題する […]